閉経はいつ訪れる?30代から知っておきたい生理の終わり方

Getty Images

閉経はいつ訪れる?30代から知っておきたい生理の終わり方

伊藤香奈
伊藤香奈
2019-07-01

なかなか学ぶ機会のない閉経の話。閉経はいったいいつ、どのように訪れるのでしょうか?30代から知っておきたい生理と閉経の話。

閉経とは?

閉経とは、生理が完全に停止した状態になること。医学的には、1年以上生理がないと閉経とみなされるため、しばらく生理がないなぁと思っていたら、もう閉経を迎えていた...という具合に、後から気づくことも多いのです。同じくして、閉経の前後の時期は女性ホルモンの分泌が減ってくることにより、更年期症状も出やすくなります。

いつ閉経はやってくる?

閉経になる年齢は、平均に50歳前後と言われています。しかしそれはあくまで平均値。あるアンケート調査では、下は38歳から上は59歳までと個人差があります。あなたは、閉経まであと何年、何回、生理と向き合うことができるでしょうか。

どのようにやってくる?

閉経は、ある日突然やってくるのでしょうか?それとも気づかないうちに?答えは、個人差があり様々です。生理のサイクルは28日が平均的ですが、安定的に28日周期で来ていた生理が突然なくなることもあります。しかし多くの場合は、生理のサイクルが大きく不安定になって1〜2年前後で閉経を迎えるようです。閉経に向かう時期は、生理のサイクルが短くなる、長くなる、また1回の生理の日数がダラダラと長くなる、などの症状があります。最後は、28日サイクルが長くなり30日、40日、、、と間隔が空いていき、気づいたら来なくなっていた、となり閉経を受け入れることが多いようです。

体に起こる変化は?

閉経を挟んで前後10年を更年期と呼びます。閉経に向かう途中では、この更年期症状が現れてきます。汗がとまらなかったり、急に汗が吹き出るホットフラッシュや、情緒が不安的になったり、性欲が低下したり、不眠に悩まされる方も多くいるようです。また身体的にも、肩こりや腰痛、頭痛、倦怠感や物忘れ、体の冷えなど、様々な不調が現れてきます。生理不順と合わせてこのような症状が現れてきたら、閉経に向かって女性ホルモンの減少が始まっていると認識しましょう。

PMSとの関係も?!

ある研究では、PMSの症状が強かった人は、更年期症状も出やすいという結果になったそう。これは、若い頃からホルモンの変動に敏感であるため、と考えられています。更年期はまだまだ先のことだから関係ない!と考えずに、今のPMSに向き合い対処してあくことで、将来的な不調にも向き合っていることになるのです。

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する