日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド

Sayaka Ono

日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド

疲れが取れず、寝起きがツラい!それはもしかしたら、ほんの少しの睡眠不足が、借金のように蓄積されていく「睡眠負債」かも。「夜はリラックスできる動きで、副交感神経を優位にすると深い眠りを得られます。また血行を良くし体の深部体温を上げると、寝入りがスムーズに。」と語るのは明治薬科大学准教授の駒田陽子先生。就寝の1時間~1時間半前にリラックスヨガを行い、体をお休みモードに切り替えましょう。今回は「疲れを癒す」ポーズをご紹介します。

コリをほぐして血行を高める。夜のリラックスヨガポーズ2つ

一日酷使し、コリ固まったパーツをじっくり癒しましょう。筋肉がほぐれると血行も良くなり、体温が上昇。その後に下がるタイミングで眠気が訪れ、寝つきが良くなります。

1.シャシャンカーサナ

頭頂を刺激して頭部への血流を促し、脳と目の疲れをリセット。

やり方

1.四つん這いになり、頭頂を床につける。首の骨と骨の間のスペースを開けるイメージで、首の後ろを伸ばす。

日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
頭頂をつける/頭頂をつけるphoto by Sayaka Ono

2.床から手を離し、両手を背中で組み、天井方向へ上げて5呼吸キープ。

日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
photo by Sayaka Ono

両手を天井方向に上げるのがキツい場合は
無理せず、背中で両手を組んだ姿勢でキープしよう。

日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
photo by Sayaka Ono

額を床につけるのはNG
頭頂を刺激するのがポイント。額を床につけると首が詰まり、ポーズの目的も果たせない。

日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
photo by Sayaka Ono

photos by Sayaka Ono
illustrations by Nanayo Suzuki
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.68掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
日中のコリをほぐして安眠へ|血流を高めて眠りへ導くメソッド
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する