ヨガ初心者必見!クラスでよく行う「太陽礼拝」ってなあに?

Getty Images

ヨガ初心者必見!クラスでよく行う「太陽礼拝」ってなあに?

様々なヨガのクラスを受講していると、インストラクターから「太陽礼拝」というワードを耳にする事はないでしょうか?何となく一定のリズムで同じポーズを繰り返している事は分かるものの、どんな効果・どんな意味があるのかはいまいち分かっていない人も少なくないでしょう。今回は太陽礼拝の事をより理解して、動きを深めていきましょう。

太陽礼拝の意味とは

太陽礼拝を英訳すると「サンサルテーション」、サンスクリット語ではスーリヤナマスカーラと言います。スーリヤは太陽、ナマスカーラは礼拝を表す言葉となります。実は太陽礼拝は、感謝の気持ちと共に太陽に祈る動作なのです。

代謝アップやダイエット、筋力をつけたい人におすすめ

太陽礼拝は全身の筋肉をまんべんなく使うヨガポーズを繰り返し行っていきますが、インストラクターによっては基本の流れの中にアレンジを加えた太陽礼拝を行う場合もあります。立って行うポーズが多い為、運動量も多くなります。代謝アップやダイエット、筋力をつけたい人にとっては嬉しい内容です。

太陽礼拝は動きと呼吸を連動させるもの

太陽礼拝の基本はご自身の動きと体を連動させる事です。インストラクターによって吸う・吐くタイミングの指示がありますが、必ずしも自分のタイミングと合うとは限りません。こういった場合は無理して合わせようとせず、自分の心地の良いリズムで行ってあげましょう。初めは周りとリズムがずれてしまう事に恥じらいを感じるかもしれませんがそう感じる必要はありません。人によって呼吸の長さは違うので、その日のご自身の呼吸のペースに合わせてやってみましょう。自分の呼吸に意識を向けてあげる事で、ご自身の内側に集中する事が出来ます。ぜひ日のよって変わる呼吸の変化を感じてみて下さい。

なぜ同じ動作を繰り返し行うの?

太陽礼拝では一定のリズムで同じヨガポーズを繰り返し行いますが、それには理由があります。実は同じポーズを繰り返し行う事によって、毎日変化している体や呼吸の違いを知る事が出来ます。普段生活している分にはあまり感じる事はないですが、私たちの体・呼吸は様々な要因によって変化します。同じヨガポーズを繰り返し行う事によって、今日は柔軟性が高いと感じる日や少し体が強ばっていると感じる日、呼吸が深く長い日もあれば、浅く短い日もあるでしょう。どれが良い悪いという事はありません。それがその日のあなたの体と心の状態を表しています。ぜひ毎日太陽礼拝を行う事を習慣にして、その日のご自身の状態を知ってあげましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する