覚えておきたいヨガの代表ポーズ「ベイビーコブラ」をマスターしよう

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

覚えておきたいヨガの代表ポーズ「ベイビーコブラ」をマスターしよう

「ヨガスタジオでのレッスンがちょっと不安」というときは、まず、これらの基本ポーズを押さえておくと安心です。どれもクラスでよく登場するおなじみのアーサナで、ヨガで学ぶべき要素がぎっしりと詰まっています。今回は、モデルでヨガティーチャーの野沢和香さんに「ベイビーコブラ」を教わります。

ベイビーコブラのやり方

後屈のポーズは反らすのではなく、伸ばす意識を持つことが大事。体の前面を伸ばすために、太腿前部の柔軟性も養う必要があります。

HOW TO

1.胸の横に両手をつき、うつ伏せになる。足のつま先までしっかりまっすぐ伸ばす。

1
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

 

2.脚全体で床を強く押し上体を上げる。両手を軽く床から浮かせ、無理のない姿勢を確認。

2
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

 

3.足の力は抜かず、両手を床に下ろす。肩甲骨を寄せ、目線をまっすぐ前に送る。

3
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

ベイビーコブラのポイント

体を支える腕が辛い時は、足の甲全体で、しっかり床を押そう

腕が痛いのは、全体重が両腕にかかっているのが主な原因。足の甲全面で床を押してみましょう。しっかり足にも体重が分散されると、両手を床から離してもキープできるはず。

NG:内股になっているのは、足の甲が使えていない証拠!

2-1
NG/photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

 

OK:足は平行。小指サイドでもしっかり床を押して。

2-2
OK/photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

 

首が痛くなる人は、首の位置と目線に意識を。首は背骨の延長線上、目線はまっすぐ!

背骨の上に頭がのっているのが、人間の体の自然な姿。無理に上を向こうとすると、首の裏がつまり、呼吸が苦しくなります。首は背骨の延長線で、目線はまっすぐ前へ。

NG

2-3
NG/photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

 

OK:肩を下げ、胸を開くと首が伸びる

2-4
OK/photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

体を反ると腰が痛い人は、全身でアーチを作るイメージで

腰だけを使って反ろうとすると、腰に大きな負担がかかります。そのまま続けていると腰痛がくせになることも。頭から足先まで、全身でアーチを作る様子をイメージして。

後屈が苦手な人は、まず前腿の柔軟性を高めることから

後屈が苦手な原因として多いのが、前腿が硬いこと。ランジなど、前へ深く踏み込むポーズで、しっかり腸腰筋を伸ばしておくと、後屈のポーズがやりやすくなるはず。

 

教えてくれたのは…野沢和香先生

モデル・ヨガインストラクター。『VERY』(光文社)など、雑誌やCMで活躍。2007年に全米ヨガアライアンスを取得、ヨガ講師としても様々なイベントで活躍、丁寧な指導に多くのヨギから支持を集めている。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Manami Yaginuma(P-cott)
Text by Hiroko Suzuki
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

1
2
3
2-1
2-2
2-3
2-4
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する