むくみ解消で筋肉も柔らかく!循環力を高める「股関節体操」【まとめ】

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

むくみ解消で筋肉も柔らかく!循環力を高める「股関節体操」【まとめ】

むくみは、体内に不要なものがたまっているサイン。血液が滞り、筋肉が硬くなると、体を動かしづらくなり、さらにむくんでしまいます。むくみを解消しないかぎり悪循環は繰り返され、体は硬くなる一方。スッキリ流して巡りを促すことで、筋肉の柔軟性を高めましょう!太い血管やリンパ節がある股関節まわりの筋肉を縮めて伸ばす「股関節体操」を、ヨガインストラクターの大友麻子先生が教えてくれました!

「むくんだら即ケア」が柔軟な体をつくるコツ

「むくみを招く主な原因は、デスクワークなどで同じ姿勢をとり続け、体を動かさないこと」と大友麻子先生。体を動かさないと、重力の関係で下半身から上半身への巡りが滞ります。すると余分な水分や老廃物が回収されにくくなり、体にたまってむくみが生じるのです。

「むくみと硬さは関係がないように思えますが、むくみは体に不要なものがたまり、よどんだ状態。血流も滞り、筋肉が硬くなるのです。放っておくとむくみは悪化し、さらに硬くなることに。積極的に体を動かし、むくみを解消することが大切ですね」(大友先生)

股関節まわりへのアプローチが鍵

むくみ解消に有効なのが、太い血管やリンパ節がある股関節まわりの筋肉を縮めて伸ばす「股関節体操」。筋肉が血管に「圧」をかけて、たまった老廃物を「流す」ポンプのような作用をします。

「血流がグンと良くなり、むくみをスムーズに解消。同時に体が柔らかくなることを実感できます。即効性がある体操なので、ぜひ試してみて!」(大友先生)

巡りを促して筋肉を柔らかく「むくみ解消」で柔軟性をUP圧をかけて流す!「股関節」体操①
撮影をしながら股関節体操を行ったモデルの広瀬さん。体操の前後に脚のサイズを計るとふくらはぎが1cm減。太腿の間にも隙間が!/Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

「股関節体操」4つのアプローチを実践

1.脚のむくみを解消

大きな筋肉を刺激して滞った血流を流します。記事を読む

photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

2.動きの左右差を改善

股関節のゆがみを整えて血流ルートの詰まりを解消します。記事を読む

photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

3.足先の冷え・むくみを改善

脚の血管を強く加圧して末端まで血液を届けます。記事を読む

photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

4.腰まわりのだるさスッキリ

骨盤まわりまで血流を促してむくみにくい状態をキープ。記事を読む

photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

教えてくれたのは…大友麻子先生
ヨガインストラクター、ヒプノセラピスト。伝説のフリーダイバー、ジャック・マイヨール氏に感銘を受け、1995年頃から世界各地でヨガを学ぶ。現在は都内を中心に、さまざまな場所でヨガとボディワークを指導している。

モデルを務めてくれたのは…広瀬未花さん
モデル、タレントとしてTVやCM、雑誌などで活躍する傍ら、ヨギとしても活動。日本ヨガインストラクター協会認定資格2級取得。 朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」の旅サラダガールズとしても活躍中。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Rika Imazeki(P-cott)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.67掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

巡りを促して筋肉を柔らかく「むくみ解消」で柔軟性をUP圧をかけて流す!「股関節」体操①
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する