自然な曲線を大切にしよう|ためになる解剖学的知識

Christopher Dougherty,Michele Graham

自然な曲線を大切にしよう|ためになる解剖学的知識

脊柱は体を支えるようにできている。脊柱の自然な曲線を保てるようになると、呼吸がしやすくなって立ち姿がすっと高くなり、今よりも長時間座って瞑想ができるようになる。

高校の体育の授業についてはおぼろげな記憶しかないが、よく生徒全員が体育館の壁に背を向けて立ち、腰を壁に押しつけて伸ばすよう指導されたことを覚えている。生徒はみな律儀に体育館の壁を囲んで、硬い壁に腰を押し当て続けた。一方、教師は20まで数えるとまた1に戻り数え続けていた。どんな効果があるのか説明はなかったが、背中と腰のためにしていたはずだ。

しかし、脊柱の構造は一直線ではない。私はあれから何年も後に解剖学を深く学んで、そのことを知った。特に、立っているときはそうだ。脊柱は自然な曲線を保ったほうが、効率よく無理なく重力を支えられるからだ。

胴体の背面から、脊柱の形を見てみよう。頸椎(頸部)は、内側に湾曲し、その下の胸椎(背中の上部と中部)は外側に湾曲し、腰椎(腰)は再び内側に湾曲している。脊柱の付け根にある仙骨は、一連の骨が癒合している構造になっていて、やはり内側に湾曲している。

体の仕組みを学ぼう|自然な曲線を大切にしよう
photo by Christopher Dougherty,illustration by Michele Graham
体の仕組みを学ぼう|自然な曲線を大切にしよう
photo by Christopher Dougherty,illustration by Michele Graham

Text by Judith Hanson Lasater
photos by Christopher Dougherty
illustrations by Michele Graham
model by Olivia Hsu
translation by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.66掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

体の仕組みを学ぼう|自然な曲線を大切にしよう
体の仕組みを学ぼう|自然な曲線を大切にしよう
体の仕組みを学ぼう|自然な曲線を大切にしよう
体の仕組みを学ぼう|自然な曲線を大切にしよう
体の仕組みを学ぼう|自然な曲線を大切にしよう
体の仕組みを学ぼう|自然な曲線を大切にしよう
体の仕組みを学ぼう|自然な曲線を大切にしよう
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する