過去のダイエットが不妊要因に…異常に気付く8つのサイン|産婦人科医に聞くホルモン知識

Photo by i yunmai on Unsplash

過去のダイエットが不妊要因に…異常に気付く8つのサイン|産婦人科医に聞くホルモン知識

厚生労働省が行った調査によると、働く女性の13%が不妊治療の経験者。年齢と共に妊娠率が低下するのは周知の事実ですが、改善・予防法はいかに。「必要なのは根本的な体質改善」と語るのは、様々なクリニックで不妊と向き合ってきた鶴巻由紀子医師。この企画では、その実践方法や必要な知識をご紹介します。第2回は、気をつけたい不妊体質のサインや不妊を引き起こす原因について。

あなたは大丈夫!? 若者にも多い無月経がはらむリスク

「妊娠はまだ先のこと」「PMSの煩わしさから解放された」と思い無月経を放置している若者が増えています。若いときの無月経が不妊の原因になったり、病気のサインであったりすることも。しばらく月経がきていない人は早めに婦人科を受診しましょう。

そもそも月経とは

卵子が受精せず妊娠が成立しなかった場合、いらなくなった子宮内膜がはがれて体外に排出されるのが月経です。月経は子宮内膜の自浄作用でもあり、そうした意味でも不可欠な現象。

「無月経は子宮体がんにかかるリスクを高めるほか、排卵障害を引き起こす多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんそう)症候群の症状でもあります。もし月経がこない場合は、婦人科を受診し必要に応じて治療を受けましょう。

併せてバランスのいい食生活、十分な睡眠、ストレスの緩和など、生活習慣を根本的な見直すことが正常な月経周期を取り戻すうえで大切。本気で妊娠を望むときに後悔しないために、妊活前から体の不調に目をそらさずきちんとケアしてくださいね。」(鶴巻由紀子先生)

見逃さないで!体からのSOSサイン

婦人科系の不調は、不妊だけでなく、がんなどの重大疾患につながる可能性があります。「恥ずかしい」という気持ちが先行し病院に行くのをためらっているなら、女医さんがいる婦人科を選ぶのも選択肢のひとつ。妊活に向けてこの機会に自分の体と向き合ってみませんか?

「不妊を引き起こしかねない体のサインは様々。次の8項目をチェックし、心当りがある人は婦人科を受診し早めに対処しましょう。」(鶴巻先生)

1.月経不順

月経周期は25~38日が正常です。3ヵ月以上月経がない、月経のような出血が頻回する、一回の月経期間が長い・短い、月経が遅れるなどの傾向がある人は要注意。月経があっても無排卵の可能性があるほか、子宮内ポリープ、子宮内膜症増殖症、甲状腺疾患、内分泌異常などの疾患が潜んでいることも。

2.月経血量の異常

月経血の量がいつもより多い過多月経は、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜ポリープなど子宮に関わる疾患が、逆にいつもより少ない過少月経の場合、ホルモンバランスに関わる疾患を発症していることがあります。

3.頸管粘液(おりもの)の分泌不足

排卵期は、精子が子宮に入りやすくするために頸管粘液が分泌されます。分泌量が少ないと精子の侵入を妨げ妊娠しにくくなります。

4.頸管粘液の異変

正常な排卵期の頸管粘液は卵の白味のように透明ですが、色やにおいがいつもと違ったり、かゆみを伴ったりする場合は、なんらかの異常が疑われます。

Text by Ai Kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

不妊 産婦人科医 月経 アーユルヴェーダ
妊娠しやすいのはいつ?体内では何が起こってる?|女医に聞くホルモン知識
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する