ヨガの悩みあるある|呼吸カウントが先生と合わないのはなぜ?

Getty Images

ヨガの悩みあるある|呼吸カウントが先生と合わないのはなぜ?

須藤玲子
須藤玲子
2019-09-05

ヨガのレッスンでは、カウントに合わせて呼吸を整えたり、いろいろな呼吸法の練習をしたり、呼吸を深めることを大切にしています。「先生のカウントと合わない」という悩みは、呼吸の浅さが原因。実は初心者でなくてもよくあることです。呼吸の大切さは理解しているけれど、なかなか深められない…。慣れないうちはそう感じることも多いのではないでしょうか?どうして呼吸が浅くなってしまうのか?今回は多くの人が抱える呼吸の悩みに注目してみました。その悩み、解決しましょう!

呼吸が浅くなるのはなぜ?

私たちの身体と心はいつも同じではありません。どんなに健康な人でも、日によって元気度は違うはず。同様に呼吸の感覚もいつも同じではありません。どんなことが原因で呼吸が浅くなってしまうのでしょうか?

1.姿勢

猫背で深呼吸する様子を想像してみてください。もしくは、実際にやってみましょう!きっと深く呼吸が入らないのではないでしょうか?ヨガのレッスンで呼吸を整える前に背筋を伸ばして!と指示があるように、深い呼吸をするためには正しい姿勢をとることがポイント!姿勢と呼吸には密接な関わりがあるのです。

2.身体の緊張

肩こりなど、筋肉が凝り固まった緊張状態にあると、呼吸が通りにくく浅くなる原因になります。肩や肩甲骨を上げたまま呼吸が深められますか?きっと難しいはずです。背筋が伸びているのに呼吸が深められないと感じる時は、身体の緊張が解けていないことが原因かもしれません。

3.心の緊張

ストレスなど、心の緊張もまた、呼吸が浅くなる原因になります。仕事や恋愛、その他具体的な悩みはもちろん、漠然とした将来への不安や自分ではない他の誰かのことなど、様々な心の緊張が呼吸にも影響を与えます。例えば怒りがおさまらない時、焦ったり、心乱れて号泣している時の自分を想像してみてください。どうでしょうか?きっと呼吸も乱れて浅くなっているはずですよね。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する