肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法

Sayaka Ono

肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法

運動をする習慣がなかった人がポーズをとろうと頑張りすぎると、体に痛みが出たり、けがをしてしまうことも。運動に慣れない体を効果的に刺激する体操で、安全に気持ちよくヨガができる体をつくりましょう!今回は、肩まわりの痛みをケアする3つの方法をご紹介します。

「肩まわり体操」で肩痛を予防しよう

肩まわりの筋肉が硬くなると、肩関節が動きづらくなり、腕を後ろに回す、バンザイなどさまざまな動作がしにくくなります。肩関節の動きの多くは内旋・外旋を伴うため、この2つを意識的に行う体操で肩まわりがほぐれ、なめらかに動かせるように。

肩まわり体操をする前

腕を後ろに回そうとしても回らず、力まかせに動かそうとすることで肩まわりの筋線維が損傷し、痛みが生じる。

肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
photos by Sayaka Ono

肩まわり体操をした後

肩まわりがほぐれ、スムーズに動かせるように。

肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
photos by Sayaka Ono

1「肩の奥」は前腕を後ろに振り肩を外旋しやすく

外旋に関わる、肩まわりの深層筋を伸ばします。肘を固定した状態で親指を後ろに引くことが大切。正しくできると肩甲骨まわりに刺激を感じます。

HOW TO
①胡座になり、骨盤を立て、背骨を真っすぐに伸ばす。肩の高さで腕を伸ばし、肘を曲げる。

肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
photos by Sayaka Ono

②前腕を真っすぐ後ろに振って戻すのを30回。
POINT:前腕を真後ろに振る

肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
photos by Sayaka Ono

前から見ると

肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
photos by Sayaka Ono

NG:前腕を内側に振らない
内側に振ると、肩関節の外旋の動きにならないので注意。

肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
photos by Sayaka Ono

photos by Sayaka Ono
hair&make-up by Rika Imazek(i P-cott)
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.65掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
肩まわりの痛みをケア|運動不足からくるケガを防止する方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する