ヨガの練習でケガしてしまうのは体の歪みのせい?歪みタイプを知り正しい姿勢を覚えよう

Naomi Meno(IIZUMI OFFICE)

ヨガの練習でケガしてしまうのは体の歪みのせい?歪みタイプを知り正しい姿勢を覚えよう

体が整っていない初心者がアラインメントやドリシュティ(目線)にこだわると、体の歪みが助長されケガのもとに。首と背骨をまっすぐに固定してできるところまでポーズをとるようにしましょう。

体の声を無視した頑張りすぎがケガのもとに

アーサナは体の歪みや偏りのない人が初めて恩恵を受けられるもの。形にこだわり、必死に深めようとして無理をする人も少なくありませんが、それでは歪みやクセが助長され、ケガにも繋がりやすくなると和也先生。「頑張って練習しても不健康になっては本末転倒です。本来ヨガは心身が健やかに過ごせるよう、ニュートラルな状態に戻すことが目的です。無理なく安全にプラクティスするには、形を合わせるよりも、背骨と首の位置を正しく固定することが第一条件。今回はそのヒントを紹介していきます!」

伊藤ニーナさん
Photo by Naomi Meno(IIZUMI OFFICE)

3つのヒント

①体の歪みをチェック&正しい姿勢を覚えよう
体の偏りやクセを認識して、基本姿勢を身につけます。

②「首」と「背骨」の位置を固定して練習しよう
山のポーズの首と背骨の軸を固定しながら練習しましょう。

滞りやすい4箇所を定期的にメンテナンス
循環や柔軟性に欠かせない4大部位をほぐすワークで調整!

Photos by Naomi Meno(IIZUMI OFFICE)
Hair&make-up by Kazumi Kikuchi(P-cott)
Text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

伊藤ニーナさん
猫背
反り腰タイプ
山のポーズ
NG
ok
両足の拇指球に重心をのせるよう意識して。
腿の付け根から脚の骨を真下に下ろした位置で足幅を開いても◎。
長測定するときのように頭頂を吊り上げて。
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する