花粉症でヨガが辛い?花粉シーズンを乗り切るための4つのポイント

BIGSTOCK

花粉症でヨガが辛い?花粉シーズンを乗り切るための4つのポイント

須藤玲子
須藤玲子
2019-03-12

3.アロマ

アロマとヨガは相性がよく、多くのスタジオでアロマヨガのレッスンが行われています。花粉症の症状を緩和するためのアロマはいくつかありますが、一つだけ選ぶなら「ティートゥリー」をおすすめします。「ティートゥリー」は抗感染、殺菌、免疫力を高める作用、炎症をやわらげる作用があり、花粉症の症状緩和や予防にもおススメです。

すっきりした香りで男女ともに好まれ、起き抜けにくしゃみが止まらなくなるモーニングアタックにも効果的。ティッシュやハンカチに1~2滴たらして吸い込むだけでもOKです。「ティートゥリー」の香りだけでは強すぎると感じる時は、柑橘系やミントなど、他のアロマとブレンドするのもいいでしょう。ヨガのレッスン前に使用するのもおすすめです。

4.免疫力を高めよう

花粉症対策はいろいろ紹介されていますが、症状は個人差があり、自分に合う方法を見つけるのはなかなか難しいことです。まだ、症状が出ていない人も予防を兼ねて日ごろから免疫力を高めることを意識してみましょう。バランスのよい食事や、規則正しい生活をおくるなど、小さなことの積み重ねが大切です。ストレスをためないことやよく眠ることなど、基本的なことに気をつけながら、ヨガも自分のペースで、続けていきましょう。ヨガには、浅くなりがちな呼吸を深めることで体を温め、免疫力を高める効果が期待できます。いつも通りにヨガを楽しみながら花粉のシーズンを無事に乗り超えられるといいですね!

  • 2
  • /
  • 2

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

スカーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する