戦士のポーズⅡで前のめりになってしまう人が注意すべきポイントとは

BIGSTOCK

戦士のポーズⅡで前のめりになってしまう人が注意すべきポイントとは

櫻井麻美
櫻井麻美
2019-01-05

ヨガスタジオのポスターやヨガ写真などでよく見かける、戦士のポーズⅡ。地面から垂直に、まっすぐ背中を伸ばすポーズですが、上半身が前のめりになってしまうことはありませんか?まっすぐの姿勢を保つために注意したいポイントをご紹介します!

土台=下半身の安定が第一!

まずは土台である下半身を力強く作りましょう。足幅を広めにとったら、前足の曲がっている膝に注目します。つま先は前方に向けますが、膝も同じ方向を向いていますか?膝がつま先と同じ方を向いていないと痛めてしまいます。膝が内に入りやすい人は股関節の外側を使い、膝を外に向ける努力をし、かならずつま先と同じ方向にしましょう。

膝の位置を確認したら、膝が動かない範囲で骨盤を横向きに広げます。横に広げすぎて膝が内に入ってきたら、そこでストップ。膝とつま先が同じ方向を向ける範囲で、骨盤を横に広げましょう。今はしっかり横向きにできなくても、内腿の柔軟性が伴ってくれば、しっかりと骨盤を横に広げられるようになりますよ。

後ろの足はしっかりと踏み込み、膝を伸ばします。ももの前側を意識して力強く地面を踏みしめましょう。後ろ足の意識が抜けると、体重は曲げている前足にだけかかりやすいので、前後の足に均等に乗せるようにします。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する