決まった大きさの力を出す難しさ|理学療法士がヨギに知ってほしい体のこと

BIGSTOCK

決まった大きさの力を出す難しさ|理学療法士がヨギに知ってほしい体のこと

得原藍
得原藍
2019-01-15

理学療法士として活躍する得原藍さんが、ヨギに知ってほしい「体にまつわる知識」を伝える連載。第十一回目となる今回は「決まった大きさの力を出す難しさ」。

感覚器官で得た情報をもとに、私たちは世界を知り、その世界で「立つ」「歩く」ための力を発揮しています。ヨガでは、左右対称ではないポーズを取る場合、左右両方を交互に行いますね。右の手足を主に使う場合と、左の手足を主に使う場合と、出力はどのように変わるでしょうか。

簡単な実験をして試してみましょう。
料理用の秤を用意しましょう。右手を乗せて、軽く押し、目盛りが2キロを示すように力をかけましょう。まず気づくのは、一定の力を出し続けることの難しさです。数グラムから数十グラムの筋の出力の揺らぎを目にすることができます。
しばらくして力の発揮に慣れてくると、揺らぎは少し小さくなります。2キロの位置で誤差を小さく維持できるようになったら、今度はその力のかけ方に集中して、力の感覚を記憶しましょう。時間をかけて構いません。何度手を載せ直しても「だいたい2キロ」がわかってくるようになります。

右手で2キロの感覚を憶えたら、目を閉じて左手を載せてみましょう。そして、目を閉じたまま、先ほどの右手の2キロを思い出して左手で再現してみましょう。ここだ!という力加減を見つけたら、目を開きましょう。さて、何キロを示しているでしょうか。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する