日常に小さな感動を!今日からできる脳を老けさせない工夫

BIGSTOCK

日常に小さな感動を!今日からできる脳を老けさせない工夫

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-12-07

歳を重ねるにつれて、「初めて」が少なくなります。見たことある。聞いたことある。やったことある。行ったことある…それですべてを片付けてしまうのではなく、もっと小さな変化に気づいて、人生に「初めて」の瞬間に感動するシーンをたくさん作りませんか?

「初めて!」の感動が老け防止に

日常の中に新しい発見を見つけ続けると、脳が活性化されボケ防止につながると言われています。小さな変化にも気付こうとすると、記憶力や観察力を使うことはもちろん、心の変化も豊かになり、脳の色々な部分に刺激があることが理由のようです。海外旅行などの大きなイベントでなくても、たとえ通い慣れた駅までの道も、少し遠回りしてみると新しい家が建っていたり、季節の植物が色づいていることに気がついたりと、小さな変化はたくさん見つけることはできるでしょう。

自分の変化にも敏感になろう

私たちの体も心も、日々変化を繰り返しています。昨日食べたもの、外の天気や気温、自分のバイオリズム…ひとつひとつの要素を掛け合わせると、長い人生で1日たりとも同じ体であることはないとも言えるでしょう。そんな小さな自分の変化にも気づけるようになると、「今日は調子がいいな!」という日がとてもかけがえなく思えてきて、日々の変化を楽しむことができるようになるかもしれません。自分の内側にも「こんな自分(の感情や体調に)出会うのは初めて」という感動を見つけ出すことはできるのです。

ヨガで感動上手になろう

小さな体や心の変化に気づくことは、練習することで感度を上げることができます。最適な練習方法のひとつがヨガ。ヨガでは、ポーズを取りながら筋肉の動きや呼吸など、自分の体に意識を向ける練習をします。さらに練習を深めると、日々の体調の変化だけでなく、感情やバイオリズムなど目には見えない自分の変化にも気づくことができるようになるでしょう。

自分も世界も諸行無常

自分の心も体も。周りの人の心も体も。そして街の景色も自然の姿も…1日として同じ日はありません。つまり、私たちが生きている毎日が「初めて」で満ち溢れているはずなのです。変化する日常の中に気づき感動する力をつけるには、まずは季節や天気など、大きな変化を味わうことから始めてみましょう。感動上手になると、老化防止につながることはもちろん、毎日がもっと楽しくすごせるはずです。

ライター/伊藤香奈
2012年、全米ヨガアライアンス200時間を取得。新規ヨガイベントの立ち上げや新人講師発掘オーディションのプロデュース責任者等を歴任。800人以上のインストラクターと出会い、現在ヨガ雑誌やイベントの第一線で活躍するインストラクターを数多く育成、輩出する。2017年に、セミナー講師、ヨガインストラクター、ヨガワークライフコンサルタント、ヨガインストラクター向けキャリアアドバイスセミナー講師として独立。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する