眼精疲労からの解放|ヨガのアイテム「アイピロー」を活用しよう

BIGSTOCK

眼精疲労からの解放|ヨガのアイテム「アイピロー」を活用しよう

須藤玲子
須藤玲子
2018-12-04

アイピローを活用しよう

ヨガでインストラクターが目の上にのせてくれるアイピローは体や心の緊張を解くだけでなく、眼精疲労のケアにも効果的なアイテムです。

アイピロー
Photo by BIGSTOCK

アイピローの程よい重みが目の周りの固まった筋肉を緩め、滞っていた血流も改善。「目がしょぼしょぼする」「視界がぼんやりする」「まぶたが痙攣する」といった症状にも効果的です。また、目の奥がじわじわと暖かくなることで、呼吸も深くゆるやかになります。

呼吸が落ち着くことで、自然に副交感神経優位のリラックスへと導いてくれるのです。横になって目の上にアイピローをのせるだけ。寝る前5分~10分だけでも効果は感じられるはずです。不眠に悩む人にもおススメです。アイピローがない人は、蒸しタオルや市販のアイマスクを使ってみましょう。目の周りを温めることで同様の効果を感じることができるでしょう。

積極的に休息しよう

仕事が休みの日でも、パソコンやスマホを使い続け、テレビや、ゲームをして過ごす人もいるかもしれません。でも、自分が思っている以上に疲れは蓄積され、眼の疲れは全身の疲れにつながっていきます。今日から疲労回復のアイテムの1つとしてアイピローを使ってみることをおススメします。また、たまには電子機器の電源をOFFにして目に優しい休日を過ごすのもいいでしょう。慌ただしい時期を乗り切るためにも体と心からのサインを見逃さず、積極的に休息する時間を持ちましょう!

  • 2
  • /
  • 2

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アイピロー
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する