眼精疲労からの解放|ヨガのアイテム「アイピロー」を活用しよう

BIGSTOCK

眼精疲労からの解放|ヨガのアイテム「アイピロー」を活用しよう

REIKO SUDOU
REIKO SUDOU
2018-12-04

パソコンやスマホを常に使用する現代人。眼精疲労を訴える人が急増しているといわれています。「頭が休まらず、よく眠れない」「最近目が疲れやすくなった」と感じているあなたにおススメしたいヨガのアイテムがあります。リラックスヨガ、リストラティブヨガ、またはシャヴァーサナのときにおなじみの「アイピロー」を普段の生活に取り入れて疲れを手版しましょう!

疲れとは自分の内側から発せられる重要なサイン

私たちは常に活動を続けています。起きているときは身体、脳、心、全てが休みなく働いています。疲れとは、自分の内側から発せられる重要なサインです。日々忙しくしている人はついつい自分を過信し、サインを無視してしまいがちです。疲れを放置すると自分が気づかないうちにだんだん蓄積されていきます。行き場を失った疲れはストレスとして身体や心の不調になって現れてきます。「最近疲れている」「疲れが取れない」と感じているあなた、手遅れになる前に積極的に疲労回復の時間を取りましょう。

自律神経のバランスを整えよう

私たちの体は自律神経によってコントロールされています。興奮状態の時に働く交感神経と、リラックス状態の時に働く副交感神経のバランスを取りながら生活しています。仕事やその他何らかの活動をしているとき、たとえ体は動いていなくても、脳は働き続け、交感神経優位の状態が続きます。常時この状態でいると、副交感神経の働く機会が減り、自律神経のバランスが乱れることがあります。まずは意識して副交換神経が優位になる状態を作りましょう。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アイピロー
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する