朝活やりたいけどできない!続けるための5つの方法

PIXTA

朝活やりたいけどできない!続けるための5つの方法

ヒント3:クリエイティブな何かに挑戦しよう

「遊び」で一日を始めるなんてだらけた印象を持つかもしれないけど、実は生産性を向上させることができるのだ。例えば、瞑想的な絵を描く、編み物をする、文章を書く、歌を歌う等がある。短いダンスでも良い。エクササイズよりも楽しいし、忙しい朝にも簡単に行えて、気分を上げてエネルギーを活性化してくれる。

「絵を描くことは私にとっての瞑想です」とクリエイティビティ・コーチのトレイシー・ヴェルデューゴは言う。「瞑想の状態は、芸術品を作っているときのフローと同じです。だからこうした活動は脳に同様の効果を与えるのです。絵を描くことは、心の動揺と『慌ただしさ』を取り除き、忘れたい心配事やおしゃべりからしばらくの間解放してくれる場を提供してくれます」

ヒント4:幸せな気分になれる人と一緒に朝活を行う

時には、内なる自分との結び付きが必要なことがある。時には、他者との結び付きが必要なこともある。ライフ・コーチのクリスティー・フェデリコにとって、友達と電話で話すことが朝活になっている。「私にとって、結び付きを感じるのはとても重要なことです。一人暮らしなので、そのためにはこれが最適です」と彼女は言う。「友達と話すと、幸せで満ち足りた気持ちになります。軽いおしゃべりでも、熱心な議論でも、一緒にただ笑うだけでも。このように一日を始めると、一日中気分良く過ごすことができるのです」

その他のアイデアとしては、パートナーと二人きりになる時間を見つけること。例えば、静かな場所で一緒にお茶したり、少しの間ハグし合う。(効果を最大限にするには、この時間を一日の計画をこなすためとは考えないこと!一緒にいることをただ楽しもう。)

Text by Ashley Ellington Brown
Trasnlated by Hiroe Humphreys

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する