日常に生かせるヨガの教え|アヒムサーとは一体何か

Getty Images

日常に生かせるヨガの教え|アヒムサーとは一体何か

REIKO SUDOU
REIKO SUDOU
2018-09-13

ヨガを始めて月日が経つと、少しずつレッスンにも慣れて楽しめるようになり、優先的に時間を作ったり、レッスンスケジュールをこまめにチェックしたり、そんな時間すら楽しく感じることもあるでしょう。様々なポーズを覚えて、ちょっと難しいポーズに挑戦することでヨガの楽しさがじわじわと実感できる人も多いかもしれません。そして身体だけでなく心や思考にも変化が感じられるようになる人もいるでしょう。そんな時期だからこそ、知っておきたいことがあります。ヨガを楽しんでいく上で、大切なことってなんでしょうか?少し立ち止まって考えてみましょう。

ヨガの教え「アヒムサー」=非暴力

ヨガの経典といわれるテキスト「ヨガ・スートラ」の教えの中にはしてはいけないことがいくつか記されています。その中の一つ、「アヒムサー」の教えついて考えてみましょう。「アヒムサー」とは非暴力=暴力をふるわないという意味です。それは生きているものすべて、人や動物、植物、自然にも、行動、言葉、思考のすべてにおいて暴力を振るわないこと、傷つけないことを意味します。そして「アヒムサー」の教えは他の誰かに対してだけではありません。自分自身に対しても同様です。自分に暴力を振るわないとは、自分に苦痛を与えないということ=自分に優しくすることです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する