理学療法士に聞くヨガのケガ予防|後屈ポーズ反り腰の注意点を2つのポーズから検証~その2~

Kenji Yamada

理学療法士に聞くヨガのケガ予防|後屈ポーズ反り腰の注意点を2つのポーズから検証~その2~

腰痛持ちのヨギは、知らないうちに「ポーズ反り腰」になっている可能性大!? 理学療法士でヨガインストラクターの中村尚人先生に、「ウシュトラーサナラクダのポーズ)」と「セツバンダーサナ橋のポーズ)」で気を付けるべき点を教えてもらいました。

内腹斜筋を使って「後屈ポーズ反り腰」を防ぐコツ

「ポーズ中、腰をつめるようなアライメントを続けていると、背骨の椎間関節に負担がかかり、腰痛の原因に。そこで中村尚人先生が注目するのが内腹斜筋。「内腹斜筋は骨盤を後傾させる筋肉で、腰を伸ばす方向に働きます。後屈系など、あらゆるポーズで使えば、腰痛が予防できます」

1.ウシュトラーサナ(ラクダのポーズ)の場合

これはNG

膝が開いていたら、大臀筋に力を入れて後屈している可能性が大。大臀筋に力が入ると内腹斜筋が働かず体幹が伸びていきません。腰も縮まったまま後屈するため、痛める原因にもなり危険です。

ラクダのポーズ
photo by Kenji Yamada

photos by Kenji Yamada
hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Illustration by Misako Nakagawa
text by Yasuko Ito

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ラクダのポーズ
ラクダのポーズ
ラクダのポーズ
橋のポーズ
橋のポーズ
橋のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する