もも裏を鍛えると前ももがゆるむ!後屈のポーズ上達のカギ「もも裏」を強化する方法

PIXTA

もも裏を鍛えると前ももがゆるむ!後屈のポーズ上達のカギ「もも裏」を強化する方法

後屈できないのは、腰や背中が硬いからではなく、前ももが硬いから。とはいえ、「前ももを柔らかくするにはどうすればいいの?」と疑問に思う人も多いですよね。前太ももをゆるめるには、太もも裏を強化するのがカギ。ヨガティーチャー鈴木伸枝先生に教えていただきました。

ハムストリングを強化することで脚を後ろに上げやすく!

太腿背面にあるハムストリング(もも裏)をしっかり強化することで、拮抗する大腿四頭筋が柔軟に。後屈のポーズがとりやすくなります。

ワーク1:膝を曲げて腿裏を使って脚を上げる

鈴木伸枝先生
(photo by Shoko Matsuhashi)

下半身の筋肉を複合的に鍛え、柔軟性を高めるワーク。片足を後ろに上げる動きで大臀筋を刺激。さらに膝を曲げ、爪先をまっすぐ上げることでハムストリングが強化されます。

HOW TO

1.うつ伏せになり、両手を体の横に置き、手のひらを床に向ける。上体は力を入れずにリラックスさせ、脚の力だけで、右脚を上に上げる。

あ
(photo by Shoko Matsuhashi)

2.膝を曲げ、足先を天井方向にまっすぐ上げる。ハムストリングを使っていることを意識しながらキープ。反対側も同様に。

鈴木伸枝先生
(photo by Shoko Matsuhashi)

POINT

膝が外に向かないように意識。ハムストリングが弱いと膝が外に向きがち。膝は正面に向け、まっすぐ上に脚を上げよう。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Minako Noguchi
Illustrations by Nana Suzuki
yoga Journal日本版Vol.49掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
鈴木伸枝先生
あ
あ
鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する