ポーズのキープがツライ人必見|筋肉の持久力を強力にアップさせる「ジャンプワーク」とは?

PIXTA

ポーズのキープがツライ人必見|筋肉の持久力を強力にアップさせる「ジャンプワーク」とは?

バランスが安定せず、ヨガポーズが維持できないなんてことはありませんか? 原因は、筋肉の持久力不足。ただ鍛えるのではなく、持久性のある筋力をつけることで、体の安定感が格段に上がりますよ! パーソナルトレーナーの池澤智先生による「ジャンプワーク」を試してみて!

持久力を強力UP ジャンプワーク

お腹、脚の内側、お尻、腿裏の筋肉は、体軸、バランス、持久力全てに必要なパーツ。これらを全体的にバランスよく鍛えるために考えられた最強トレーニングです。

HOW TO

1.両足を揃えて立ち、スキーを滑るように右手を後ろに振りながら右足を一歩、斜め前方に踏み出してジャンプ。

メロディー洋子
Photo by Shoko Matsuhashi

2.着地姿勢から重心をもう一段、真下へストンと沈めたら2秒キープ。次に左足を一歩前へ、と交互にジャンプ。両足20回。

★前腿に体重をかけないようにジャンプ。着地と同時に真下にもう一段、腰を落とす。

メロディー洋子
Photo by Shoko Matsuhashi

POINT
着地した足は重心が外側に逃げてしまいがちなので、しっかりと内側に体重をのせるように、かかとと拇指球に重心を置きましょう。

これはNG

つま先に重心がかかり、前に傾きすぎてしまうと効かせるべき筋肉が違ってしまう。

メロディー洋子
Photo by Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは...池澤 智先生
「トータル・ワークアウト」代表取締役社長、兼パーソナル・トレーナー。有名人や2012 ~ 2016ミス・ユニバース・ジャパン、2016ミス・アース・ジャパンの公式トレーナーとして、ファイナリストのボディメイクを指導。

モデルを務めたのは…メロディー洋子さん
アメリカ・カリフォルニア州出身の人気モデル。多数のファッション誌、広告、ショーなどで幅広く活躍するTOPモデル。ARTISTIC & CO.のイメージモデル。アジア圏で放送中の「Sens Asia」にも出演中!ヨガ歴9年と熱心なヨギでもある。特技は逆転ポーズ。

Photos by Shoko Matsuhashi
Hair&make-up by Kousuke Hori(+nine)
Text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.49掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

メロディー洋子
メロディー洋子
メロディー洋子
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する