【寝る前たった3分】お尻をほぐすとスッと眠れる?寝たままできる3つの入眠&安眠ストレッチ

Getty Images

【寝る前たった3分】お尻をほぐすとスッと眠れる?寝たままできる3つの入眠&安眠ストレッチ

須藤玲子
須藤玲子
2022-09-10

眠りが浅い、疲れているのになかなか寝つけない…。今回は、そんなあなたにおすすめ!お尻の大きな筋肉(大殿筋)のほぐしを3パターンで行うストレッチの紹介です。ベッドの上でできるので、就寝前にやってみませんか?

お尻をほぐすと安眠に繋がるのはなぜ?

おしりは上半身と下半身を繋ぐ部分、ちょうど真ん中にあります。そのため、おしりが硬くなると全身の筋肉にも影響が出て、しなやかさが失われたり、硬くなったり、巡りが悪くなって全身が冷えたりすることもあります。逆に、おしりをほぐせば、全身の筋肉がほぐれ、血液やリンパの流れもよくなります。巡りがよくなることで、副交感神経が優位のリラックス状態に。やわらかお尻が、スムーズに眠りを促しぐっすり眠れるという入眠&安眠効果が期待できるのです。

お尻の筋肉(大殿筋)をほぐす3つのストレッチ

今回のターゲットは、お尻の大きな筋肉「大殿筋」です。大殿筋の真ん中・内側・外側をまんべんなくほぐせるように、3パターンで行うストレッチをご紹介します。特に、デスクワークなど、長時間座りっぱなしの状態が続く人は、お尻の筋肉が固まりやすく冷えがちなので、念入りに行いましょう。イメージは、ヨガのゆりかごのポーズやコアラのポーズです。リラックスしながら深い呼吸でやってみて!

ゆりかごのポーズ
ゆりかごのポーズ/イラストAC
コアラのポーズ
コアラのポーズ/イラストAC

大殿筋真ん中をほぐすストレッチ

まず、基本姿勢を作ります。
1.膝を立てた仰向けになる
2.右膝を外に開き、右手で膝を、左手でかかとを持って引き寄せる

安眠ストレッチ
photo by Reiko Sudo

3.右の太腿をまっすぐ胸に引き寄せて30秒キープ

安眠ストレッチ
photo by Reiko Sudo

大殿筋内側をほぐすストレッチ

基本姿勢から、右太腿を外側に向けて胸に引き寄せ30秒キープ

安眠ストレッチ
photo by Reiko Sudo

大殿筋外側をほぐすストレッチ

基本姿勢から、右太ももを内側に向け胸に引き寄せ30秒キープ

安眠ストレッチ
photo by Reiko Sudo

脚を入れ替えて反対側も同様に行いましょう。
お尻のコリは、腰痛や冷え、むくみを引き起こし、下半身太りに繋がることもあります。お尻のストレッチで血行がよくなると、安眠に繋がるだけでなく、腰痛やむくみや下半身太りの予防にも効果的なので、ぜひやってみてくださいね!

AUTHOR

須藤玲子

須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にスタジオ・オンラインにて活動中。リラックスからトレーニング系ヨガまで、静と動(陰と陽)のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと共にアロマのある暮らしも提案する。RYT200/フェイシャルヨガTTC/骨盤底筋トレーニングヨガTTC/リストラティブヨガTTC/陰ヨガTTC/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ゆりかごのポーズ
コアラのポーズ
安眠ストレッチ
安眠ストレッチ
安眠ストレッチ
安眠ストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する