【いつもダルい・朝ベッドから起きられない人必見!】辛い朝もすっきり目覚められる「5分朝ヨガ」

AdobeStock

【いつもダルい・朝ベッドから起きられない人必見!】辛い朝もすっきり目覚められる「5分朝ヨガ」

「しっかり寝たはずなのに朝起き上るのがつらい」「寝ても寝ても眠い」「力が湧かない」。そんな日が続くとつらいですよね。そんな日には、朝ヨガを試してみてください。朝ヨガは目覚めのサポートとして、様々な効果が期待できます。寝たままできる5分ヨガをご紹介します。

朝ヨガの効果

体のコリをほぐす

寝ている間の姿勢によっては、それが原因で肩こりや腰痛を引き起こす場合があります。寝起きにヨガを行うことで筋肉がほぐれます。

血流改善、むくみの解消

体をほぐすと、血液やリンパの流れがよくなります。それにより老廃物も排出されやすくなり、むくみの解消が期待できます。また、血流促進により体が温まりやすくなるので、冷え性の方にも朝ヨガはおすすめです。

自律神経の調整

寝ている間は副交感神経が優位になり、休息モードになっています。そこから昼間の活動モード、交感神経優位へとスイッチが切り替わる朝に体を動かすことで、スムーズな切り替えのサポートとなります。朝がつらい人は、自律神経のバランスが崩れていることが原因かもしれません。朝ヨガを続けてスムーズな目覚めを目指しましょう。

自律神経
イラストAC

朝ヨガのポイント

寝起き一番で動くは特に、筋肉を痛めないように無理をしない範囲で動くのがポイント。体の状態を確認しながら行い、違和感があれば中断しましょう。呼吸をたっぷりと丁寧にしながらリラックスして行ってください。

目覚めスッキリ!寝たままヨガ

①仰向けで両膝を立て右側に倒します。上半身は上を向いたままにして優しく腰回りをストレッチします。両腕は好きな位置に置き、30秒程キープしたら反対側も同様に行います。

ねじりのポーズ
Photo by Takayo Onoda

②仰向けで、脚を合せきにします(合せきが痛い場合は、両脚を伸ばします)。伸びをするように両腕を上げて頭の上で組み、上半身を右側に傾けて左の体側を伸ばします。深呼吸を5回程行い、反対側も同様にストレッチします。

寝たまま体側伸ばしのヨガポーズ
Photo by Takayo Onoda

③仰向けで両膝を立て、脚幅を腰幅に広げます。両腕を体の横に置き、手のひらは床に向けます。お尻を持ち上げて30秒間キープします。

橋のポーズ
Photo by Takayo Onoda

④仰向けで寝たまま伸びを2回程行ってから、ゆっくりと起き上がります。

動画でじっくり行いたい方はこちら

AUTHOR

小野田貴代

小野田貴代

ヨガインストラクター・ベビーマッサージセラピスト。学生時代にヨガに出会い、ヨガインストラクター養成講師を経て現在はオンラインを中心に活動。誰もが取り組みやすい、日常に活かすヨガを幅広く伝えている。CM等のメディア監修や健康コラム執筆、 FMラジオパーソナリティとしても活動。初心者から自分のペースで楽しめる「たかヨガ」もYouTubeで配信中。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

自律神経
ねじりのポーズ
寝たまま体側伸ばしのヨガポーズ
橋のポーズ