【紅茶のプロ直伝】簡単チャイレシピ!体ポカポカ♡年中活躍「チャイ」の香りが深まる淹れ方とは?

Masumi English Tea NY

【紅茶のプロ直伝】簡単チャイレシピ!体ポカポカ♡年中活躍「チャイ」の香りが深まる淹れ方とは?

林原真澄
林原真澄
2022-02-27

こんにちは。紅茶コンサルタントの林原真澄です。毎日をHappyにすごすために紅茶にできることをお届けしています。今日のテーマは冷えが気になるときや季節の変わり目におすすめの「チャイ」。私が暮らしていたロンドンでも、不調を口にすると「チャイを飲んだら?スパイスたっぷりで体があたたまるよ」とすすめられる定番のお茶でした。

世界のチャイ

チャイの定義は国によって異なります。茶葉の大きさや淹れ方、楽しみ方もさまざまです。日本や欧米で見かける「チャイ」は生姜やシナモンなどのスパイスがブレンドされた紅茶が中心ですが、インドでは細かい茶葉をお湯の入った鍋に入れてミルクと砂糖を加えて煮出した紅茶全般をそう呼びます。

チャイ
インドチャイ/GettyImages

また、トルコでは、国産の紅茶に(ミルクは加えず)白い角砂糖を入れて楽しむのが定番です。(このチャイを飲みにイスタンブールに行きたいほどバランスの良い紅茶です!)

トルコチャイ
トルコチャイ/GettyImages

わたしが常備しているのは馴染みのあるスパイスたっぷりのタイプ。冬は寒さで、夏はエアコンでちょっと冷えたなという時にも欠かせません。紅茶会社によって、ブレンドされるものも異なるので(オレンジピールやカルダモン、八角など)、まずはパッケージの裏面をチェックして好みのものを選びましょう。ミルクティーにするとより一層おいしくなります。

おいしいチャイの淹れ方

材料(カップ1杯分)

チャイの茶葉…5g(ティースプーン2杯分)

水道水…250ml

牛乳…25ml

淹れ方

1. 水道水を沸かします。熱湯(100度)にするのがポイントです。

*POINT:ミネラルウォーターではなく水道水を使いましょう。

汲みたての空気をたくさん含んだ水道水は、その沸かしたての熱湯がティーポットの中で茶葉を上下に動かししっかり広げ香り高い紅茶を作ります。ミネラルウォーターや再沸騰のお湯との違いがここにあります。

2. 1をしている間にティーポットに茶葉を入れます。パッケージに分量の記載がない場合は熱湯250ml(カップ1杯分)に対して茶葉5g(ティースプーン2杯分)を目安にします。

3. 沸騰したお湯をティーポットに注ぎ、ふたをして5分蒸らします。

4. 3をしている間にカップに、冷蔵庫から出した牛乳を温めずにそのまま25mlいれておきます。

POINT:紅茶を後で入れることで混ざりがよくなり味わいがまろやかに。

5. 蒸らしたら紅茶の濃さを均等にするため、スプーンでティーポットの中を軽く混ぜます(底から1回)。

6. 茶こしで茶葉が入らないようにしながら、牛乳を入れたカップに紅茶を注いで出来上がりです。

※ティーバッグの場合は、蒸らしている間お皿やラップでふたをしてください。カップの中の高温が保たれることで茶葉がしっかり開きます、また、香りが逃げない分ぐっとおいしくはいります。

チャイ
香りに深みのある「チャイ」の完成!

チャイに合うお砂糖は?

通常の紅茶と異なりチャイに甘さを加えたい時は、きび砂糖がピッタリです。自然なコクと甘さがスパイスの風味を引き出してくれます。「香りしっかりのスパイスティーには白砂糖より茶色い砂糖が合う」と覚えてくださいね。

きび砂糖
AdobeStock

お気に入りのチャイを常備しておくと、季節をとわず「風邪のひきはじめかな…」「今日はちょっと疲れたみたい」という時に頼れる一杯になってくれるはずです。

Happy Tea Time!

AUTHOR

林原真澄

林原真澄

紅茶コンサルタント /(株)Masumi English Tea NY代表取締役。ロンドンで紅茶の専門家としてキャリアをスタートし、英国紅茶会社のブランドアンバサダーとして世界の5つ星ホテルで紅茶研修やイベントを数多く手がける。その後NYに拠点を移し、セミナーの主宰や執筆活動をへて帰国。16年の海外経験をいかし、東京で紅茶の可能性を広げる活動を行う。現在は、企業向けのティーコンサルティングや研修を中心に、ブランドや飲食店とのコラボレーションを実施。南青山のヴァルカナイズ・アカデミーにて「モダン・ブリティッシュティークラス」を毎月第3金曜日&第4水曜日開講中。★8月は、8/19&8/24に開催。テーマは、プラチナジュビリー記念「ブリティッシュティー特集」

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

チャイ
トルコチャイ
チャイ
きび砂糖
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する