「わからない」不安と向き合う:養子を決意したメアリーの場合

YJ US

「わからない」不安と向き合う:養子を決意したメアリーの場合

親になることはさまざまな大きな決断と問題の連続だ。時には“わからない”ことが答えへと導いてくれる。

目が覚めた瞬間、私は階段をそっと降り、子ども部屋へ入った。窓からベビーベッド越しに光が差し込んでいる。私は部屋の至る所に鎮座する、ガネーシャや象の彫像を一瞥する。私たちの前に確かに立ちはだかる、見えないじゃま者を追い払うために置いたのだ。
私は数週間のうちに母になる予定だ。ほとんどの人と同じように、環境を整え、ワクワクし、怖れを抱いてもいた。だけど他の人と違う点もあって、それはベビーとともにいないということ。私は大きくなるお腹にヘッドフォンを当てることもなかったので、心地よいバイブレーションを聴くこともなかった。ベビーのキックも感じなかった。“ベビーがいる”という確かなサインがなかったのだ。

その理由、それは夫のマットと私が、里親になるから。今私たちは電話を待っているところだ。電話のベルがなる毎に、本能的に胸に手をやった。「これがそうかもしれない」。親になる人たちは皆、小さな命が生まれてくるまでどんな子に会えるかわからないとはいえ、私たちはうちの里子になる子のため1週間、数カ月、1年、希望を持ってさらに長い間準備し、ついに、家族の一員となる赤ちゃん―または子ども―を迎えることができるのだ。そして今、想像をはるかに超えた期待を抱いたのち、できることは待つことだけ。

マットと私は昨年、親になるための旅をスタートした。私たちに子どもができないと知ったとき、人工授精(IUI)と体外受精(IVF)を推奨する不妊治療の専門医にかかった。間もなく予約時にファイナンシャル・アドバイザーが同席するようになり、高額の料金を提示された。私たちは妊娠のため何度も挑戦していたわけではないし、友達に薦められた他の専門家にも会っていなかったので、はっきりとはわからなかったが、私たちの行こうとする道のりは正しくない気がしていた。だから不妊治療はやめることにして、でもベビーを迎えるという土台だけができ、話は続いていた。

数日後、マットと歩いているときに聞いてみた、「養子を迎えるのはどうかしら?」

彼は私を大きな目でみてこう言った、「素晴らしいアイデアだ」

「私もそう思う」私はにっこり笑って返事をした。「本当に素晴らしい」

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する