【2kg増えたら即実行】お菓子を食べてもOK!うっかり太りを解消する3つのルールとおすすめエクサ

Adobe Stock

【2kg増えたら即実行】お菓子を食べてもOK!うっかり太りを解消する3つのルールとおすすめエクサ

久しぶりに体重計にのってみたら、いつの間にか2kg増えていた…なんてことはありませんか?ついつい気がゆるんで起こる「うっかり太り」。重たくなった体重が定着しないよう、今すぐ”うっかり太りを解消する3つのルール”をチェック!1分で全身に効くお勧めエクササイズもご紹介します。

うっかり太りを解消する3つのルール

「今日くらい大丈夫!」「これくらいいいよね」そう思ってだらだら食べてゴロゴロ過ごしていたら、いつの間にか体重が…!「うっかり太り」が定着してしまう前に、3つのルールを実行しましょう。

うっかり太り
うっかり太りは放置しないで! photo by 写真AC

ルール1:偽の食欲を見破る

私達は空腹以外の理由で何かを口にすることがあります。「食事の時間だから」「付き合いだから」「もったいないから」「ストレスがたまっているから」などなど。(当てはまることはありますか?)空腹ではないけれど、つい食べてしまう…。この繰り返しが「うっかり太り」を招きます!何かを口にする前に、まずは自分が本当にお腹がすいているのか?よくよく観察してみてください。“偽の食欲”を見破ることで、体にとって余分なカロリー摂取を減らすことができます。

迷う
今、本当にお腹がすいていますか? photo by 写真AC

ルール2:こまめに体を動かす

この一週間を振り返ってみて…何か全身を動かす機会はありましたか?もし答えが“NO”だとしたら、運動不足が「うっかり太り」の一因になっているかもしれません。ぜひ週に1~2回、お好きなエクササイズやウォーキング、ヨガなどで全身運動を行いましょう。「運動した方がいいとは思っているけれど、なかなかまとまった運動時間が確保できない…。」という方は、まずは1分!仕事や家事の合間に体を動かす習慣作りから始めてみてください。

歩く
隙間時間にこまめに体を動かして photo by 写真AC

ルール3:20時までに食べ終わる

「夕食が終わったあと、ついついお菓子に手が伸びる…」「日付が変わる頃まで何かつまんでいる」ということが毎日続いていたとしたら「うっかり太り」まっしぐら!カロリーオーバーになる可能性大ですし、その上遅い時間にとった食事は消化&消費しきれず、余ったエネルギーが体に貯蓄されてしまいます。「でもお菓子もあきらめきれない…」という方は、デザートを含めて20時までに食べ終えるようにしてみてください。翌朝の体の軽さをお楽しみに!

食事
20時までに美味しくいただきましょう photo by 写真AC

1分で効く!お勧め全身エクササイズ

道具いらずで効果的!隙間時間にできる全身エクササイズをご紹介します。食事や行動を制限しすぎるとかえってストレスになってしまうことも…。3つのルールを気をつけながら、食事も運動も楽しく行ってくださいね。

やり方

1.まずは腕をクロールで泳ぐように大きくゆっくり回す

クロール
肩甲骨から大きく動かします

2.次に前の手と反対足でタッチ/左右交互に繰り返す

OK:タッチする時、軸脚の膝と背中はなるべく伸ばす

OK
お腹、背中、お尻や脚全体など、全身に効果あり!

NG:タッチする時、軸脚の膝と背中が曲がる

NG
これだと効果激減です…

▼動きを動画でチェック▼

 

AUTHOR

のぐちかなこ

のぐちかなこ

専業主婦からヨガ講師へ。大手ヨガスクールにて全米ヨガアライアンスの講義 (RYT200/RPYT85)及びヨガレッスンを年間1,000時間以上担当。2018年に独立し〈あんどYOGA〉を立ち上げる。現在もヨガインストラクターの養成に携わりながら、特に産前産後に関するヨガや新米ヨガインストラクターサポートに力を注いでいる。オンライン講座も多数開催中。プライベートでは三姉妹の母。あだ名はかーちゃん。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

うっかり太り
迷う
歩く
食事
クロール
OK
NG
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する