お菓子も夜食もやめないで3キロ痩せた!コロナ太りを解消できた"たったひとつのルール"とは?

Adobe Stock

お菓子も夜食もやめないで3キロ痩せた!コロナ太りを解消できた"たったひとつのルール"とは?

外出する機会が減り、家ではついつい間食に手が伸びてしまう…。そんなことを繰り返し、見事に3キロ太った私。見た目もすっきりしない上に、体が重たくて動かしにくい…。そこで1つのルールを守って生活したところ、無事にコロナ太りを解消できたのです!さて、そのルールとは?

私のダイエット失敗談

私は幼少期から食べるのが大好きです。母の作ってくれたご飯を食べていると、お腹も心も満たされてホッとしたものです。けれど大人になると、それは次第にストレス解消の手立てにもなっていきました。心の疲れを癒すために食べて食べて…。もちろん食べてばかりいたら体重は増える一方!どうにか痩せたくて「食事をダイエットドリンクに置き換える」「お菓子は我慢」「遅い時間に食べない」などの食事制限にもチャレンジしましたが、そのたびに食欲に負けてあえなく失敗…。そんなことを繰り返してばかりいました。

体重計
「どうして食べてしまうんだろう…」と自分を責めていました illustration by 写真AC

たった1つのルールとは?

さて、そんな私が痩せられたのは、ある1つのルールを心に決めたからです。そのルールとは「体と心の声をよく聴くこと」。これだけです。何となく…では効果はありません。本気で耳を傾け、体と心の意見を取り入れて行動をします。

ハート
食べても満たされない人は、体と心の声を聴いてみよう! illustration by 写真AC

例えば「昼食に何を食べよう?作るのが面倒だからカップラーメンにしよう」と考えたとします。その時に、まず胃袋(体)にインタビューしてみます。「胃袋さん、今、本当にカップラーメン食べたい?」もしかしたら胃袋は「いや、実は今お米が食べたいんだ」と教えてくれるかもしれません。次に心にもインタビューをしてみます。「胃袋さんはご飯が食べたいんだって。心さんはどう思う?」すると心は「確かに作るのは面倒だな…。でもカップラーメンを食べてても胃袋も私も満たされないかも。」と答えるかもしれません。そして最大のポイントは、この体と心の声を無視しないこと。心身の意見を取り入れた行動をチョイスしていくのです。(今回の例でいったらご飯をチョイス!ですね)お菓子や夜食を食べたい時も、自分とよくよく相談して、本当に必要!と思えば美味しくいただきます。

お皿
自分の内側の意見を取り入れることで、体も心も満たされます illustration by 写真AC

自分を満たして、体も心も軽やかに

こうして頭の考えだけでなく体と心の声もよく聴く、つまり内観することで、自分の奥に隠れた気持ちを見つけることができます。そして内観を繰り返していくことで、だんだんと「自分が本当に望んでいること」に気づけるようになってきます。そうなったらしめたものです。自分の望むことを知り満たしていくと、体も心もとっても満足!自然と必要のない間食が減り、体も軽くなってきますよ。自分の内側の声を無視せず、自分に正直であること。ぜひ生活に取り入れて、すっきり軽やかな体を目指してくださいね。

AUTHOR

のぐちかなこ

のぐちかなこ

専業主婦からヨガ講師へ。大手ヨガスクールにて全米ヨガアライアンスの講義 (RYT200/RPYT85)及びヨガレッスンを年間1,000時間以上担当。2018年に独立し〈あんどYOGA〉を立ち上げる。現在もヨガインストラクターの養成に携わりながら、特に産前産後に関するヨガや新米ヨガインストラクターサポートに力を注いでいる。オンライン講座も多数開催中。プライベートでは三姉妹の母。あだ名はかーちゃん。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

体重計
ハート
お皿
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する