生きづらさは幼児期から始まっている?心理カウンセラーが教える、心理療法や自己肯定感との付き合い方

Adobe Stock

生きづらさは幼児期から始まっている?心理カウンセラーが教える、心理療法や自己肯定感との付き合い方

自己肯定感アップやポジティビティのブーム到来によって、反対に生きづらさやモヤモヤを抱えている方も少なくありません。この先、少しでも多くの方が楽に生きることができるように……『「自己肯定感低めの人」のための本』の著者であり心理カウンセラーの山根洋士さんに、心理療法の役立て方についてお話を伺いました。

心理療法スキルは、自分を楽にするためのヒント

――「心理療法」という言葉を聞くと、難しく考えてしまい、ハードルが高いと構えてしまう方もいるかと思います。自己肯定感の低い人がより楽に生きるために、心理療法をどのように生活に取り入れたらいいのでしょうか。

山根先生:まず、日本では大人だけでなく、実は幼稚園生くらいの年齢から生きづらさを押し付けられる環境ができていることを知ってほしいです。

たとえば、幼稚園で喧嘩をした子がいたら、「喧嘩はしてはいけません」「人を嫌ってはいけません」などと叱られるでしょう。暴力はもちろんNGですが、言葉遣いや相手への伝え方に気をつければ、本来は人に意見すること自体は良い事のはずです。さらに、周囲にいる人間全員を好きになるなんてことは、実際は大人だって無理ですよね。しかし、人に意見をぶつけることを喧嘩と捉える大人のせいで、意見をぶつけること=いけない事だと教え込まれてしまう。嫌いという感情を持つことが悪とされてしまうのです。

そういった経験から、将来的に自分の気持ちに蓋をして生きづらさを抱えるようになってしまうこともあります。

――子どもの頃から自己肯定感を低くしてしまうトラップがあるとは……日本の教育にはまだまだ課題が隠れていそうですね。そんな環境の中でも、私たちがより楽に生きていくにはどうしたらいいのでしょうか。

山根先生:新型コロナウイルス感染症の影響で数々の制限があり、人々が監視し合うような雰囲気すらありますね。なにかと生きづらい世の中ではありますが、心理療法のスキルをうまく使うことで、誰でももっと毎日を楽しく生きることができると私は思います。

自己肯定感だけでなく、メンタルヘルスに関する書籍もたくさん出版されるようになりました。ですが、言葉や表面上の“イメージ”だけが浸透してしまって、実際に日々使える“スキル”はまだ数多く知られていないのが現状です。

たくさんある心理療法スキルのなかで、自分にあった対処方法や考え方を知っておいてほしい。そうすれば、さまざまな場面に遭遇したときに、自分で自分を助けることができる。

なにか悩んだり困ったりしたときは、あなたを助けてくれる心理療法のスキルが世の中にはたくさんあるんだよということを伝えたいですね。

Text by Aya Iwamoto

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部

ヨガジャーナルオンライン編集部

ストレスフルな現代人に「ヨガ的な解決」を提案するライフスタイル&ニュースメディア。"心地よい"自己や他者、社会とつながることをヨガの本質と捉え、自分らしさを見つけるための心身メンテナンスなどウェルビーイングを実現するための情報を発信。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

山根
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する