見た目年齢が若返る!お腹まわり&腰まわりを一気に引き締める1分トレーニング

Adobe Stock

見た目年齢が若返る!お腹まわり&腰まわりを一気に引き締める1分トレーニング

見た目が若く見える人とそうでない人、いったいどこでその差が生まれるのでしょうか?その差を埋めて、見た目で若見えを目指すトレーニング方法をご紹介します。

気付いたら体重が増えている、体重は増えていないけど体に締まりがない。そう感じているかたもいるのではないでしょうか?体型を隠したくなり、ゆったりした服装が増えるとじわじわ体重も増えていきやすいもの。いつだって自分に自信がもてて、自分の体が好きでありたい!そんなかたにオススメしたいトレーニング方法があります。

狙うべきポイントは

引き締めていきたいのは“腰まわり”のお肉。出産や日頃のクセによる骨盤のゆがみによって、30代以降太りやすくなると言われています。骨盤のゆがみを解消する、脚を組みなどのクセをしないことも大切ですが、今回はもうついてしまったお肉へフォーカスしていきます。腹直筋・腹横筋・腹斜筋をメインに鍛えていきます。少しハードな部分もあるかもしれません。できるところまでで頑張ってみましょう!

お腹・腰まわり一気ヤセ始めよう!

最初から完璧を目指さず、今日できるところまででいいのでコツコツやってみましょう。一日ですぐに変化はしませんが、続ければ必ず効果が出ますよ。

やり方

1.体育座りになり、かかとを自分側に引き寄せます。背筋が丸まらないよう、つねに伸ばす意識をしていてください。

1
1.体育座りになり、かかとを自分側に引き寄せます。背筋が丸まらないよう、つねに伸ばす意識をしていてください。

2.吐く息で重心をお尻の後ろ側へ移動し、両脚をマットと並行のところまで持ち上げます。

2
2.吐く息で重心をお尻の後ろ側へ移動し、両脚をマットと並行のところまで持ち上げます。

まずはこの状態で3呼吸キープします。まだできそうであればこの先もやっていきましょう。背中が丸まってしまう、呼吸が続かないかたはここまでを練習していきましょう!

3.吐く息がきたら、上半身を右側にねじり、次の吐く息で反対側にねじります。手にボールを持っているイメージを持つとやりやすいでしょう(実際に持っていてもOKです)。

3
3.吐く息がきたら、上半身を右側にねじり、次の吐く息で反対側にねじります。手にボールを持っているイメージを持つとやりやすいでしょう(実際に持っていてもOKです)。
4
3.吐く息がきたら、上半身を右側にねじり、次の吐く息で反対側にねじります。手にボールを持っているイメージを持つとやりやすいでしょう(実際に持っていてもOKです)。

4.30秒ほど繰り返し、5秒休憩してもう1セットやってみましょう。

少しハードかもしれません。でもその分体にはしっかりと効いているでしょう。ポイントは背筋を伸ばし続けていることです。見た目年齢を変えたい!浮き輪肉をどうにかしたい!くびれを取り戻したい!ぜひ挑戦してみてくださいね。

AUTHOR

NATSUMI KOGA

古賀奈津美

商社のサラリーマンをしていた頃に運動不足解消のために始めたヨガと出会う。ヨガを始めて半年後にRYT200を取得。週末のみ活動するインストラクターから、フリーランスのヨガインストラクターへと転身。常温ヨガ、ホットヨガ、溶岩ヨガなど様々なスタジオで指導。パークヨガやビーチヨガのイベントも実施。現在はオンラインヨガ・児童館にてママ向けヨガを実施中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

1
2
3
4