孤独が生み出す【セルフ・ネグレクト】その兆候とリスクは?私たちができる対処法|臨床心理士が解説

Adobe Stock

孤独が生み出す【セルフ・ネグレクト】その兆候とリスクは?私たちができる対処法|臨床心理士が解説

南 舞
南 舞
2021-10-02

これまでは高齢者に多いとされてきた、【セルフ・ネグレクト】。生活環境や栄養状態が悪化しているのにも関わらず、それをなんとかしようという気持ちが薄れてしまう、生きるための基本的な行為を放棄するような状態のことです。それが今、若者たちにも増えてきていると言います。セルフ・ネグレクトに陥らないためにできることを、臨床心理士の視点から解説します。

なぜセルフ・ネグレクトに?

セルフ・ネグレクトは、認知症などによる判断機能の低下によって、高齢者が陥りやすいものとされてきていました。ところが、それが若者にも広がりつつあります。セルフ・ネグレクトは、失恋、浮気、離婚、裏切りなどによって人との繋がりが絶たれ、強い孤独を感じる時に起こりやすいと言われています。そういった意味では、このコロナ禍という環境も要注意です。コロナの感染リスクを避けるために、人との接触や外出の機会が制限され、生活する上で必要最低限のことしかしなくなったという人も多いのではないでしょうか。女性の場合は、化粧などの身だしなみを気にする機会がなくなるといったことから、どんどん自分へのケアが疎かになっていく、社会人の方であれば、仕事が減ったことによって収入が減る、あるいは仕事が見つからないことで長い間社会と断絶されるという強いストレスから、セルフ・ネグレクトになるケースが多いです。セルフ・ネグレクトの状態が続くと、住環境の乱れ、健康状態の悪化や生きる希望を見失い、最悪の場合は自殺を選ぶといったリスクも高まってしまいます。

セルフネグレクト
セルフ・ネグレクトの状態が続くと、住環境の乱れ、健康状態の悪化や生きる希望を見失い、最悪の場合は自殺を選ぶといったリスクも高まってしまいます。
photo by Adobe Stock

セルフ・ネグレクト、こんな人は要注意

様々な出来事がきっかけで起こりますが、程度は人によっても異なります。特に、偏った思考や極端な思考、あることに執着しやすいタイプ、ネガティブな感情との付き合い方が分からない人は、セルフ・ネグレクトの状態を悪化させやすいと言われています。また、日常的に人とのつながる機会が少ない人も要注意です。

孤独
偏った思考や極端な思考、あることに執着しやすいタイプ、ネガティブな感情との付き合い方が分からない人は、セルフ・ネグレクトの状態を悪化させやすいと言われています。
photo by Adobe Stock

AUTHOR

南 舞

南 舞

岩手県出身。多感な思春期時代に、臨床心理学の存在を知り、人の心に丁寧に寄り添っていくカウンセラーの仕事に憧れを抱く。臨床心理学、心理カウンセリングを学ぶために、大学院まで進み、「臨床心理士」資格を取得。現在は教育、企業にてカウンセラーとして活動中。ヨガとは学生時代にヨガスタジオの受付のアルバイトをしていた時に出会う。ヨガを始めたことで、身体が自由になっていく感覚に楽しさを感じたこと、周りと比べず自分と向き合っていくヨガの姿勢に、カウンセリングの考え方と近いものを感じ、ヨガ講師になることを決意。普段のクラスでは、呼吸と身体を繋げ、人と比べず、自分らしくいれるようなヨガの時間を提供できるよう心がけている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

セルフネグレクト
孤独
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する