血管年齢が若返り、動脈硬化を予防!「ナス」のポリフェノールが無駄なく摂れる【ナスの玄米粉天ぷら】

血管年齢が若返り、動脈硬化を予防!「ナス」のポリフェノールが無駄なく摂れる【ナスの玄米粉天ぷら】

陽子
陽子
2021-09-04

こちらでは「からだと地球に優しいレシピ」を旬の野菜たっぷり料理で連載しています。全て肉、卵、乳製品、小麦、白砂糖を使わないヴィーガン&グルテンフリー。体型や健康のことが気になる方に、積極的に食べて欲しい旬の野菜料理を、料理&ピアノ教室【ピアノスイーツジューンベリー京都】がご紹介。講師は獣医師、栄養学講師でもあり【カンタン!食べてきれい、健康になれる魔法のレシピ】をお伝えします。自身も3人子育てママでもあり、手軽さと栄養を重視!是非お試しください。

あなたの血管年齢は何歳でしょうか……血管年齢とは、血管の硬さのこと。硬いほど血管年齢が高いと判断されます.

AC
写真AC

血管は大きく分けて動脈、静脈、毛細血管があり、心臓も血管の一部。全身に血流を届けることによって各臓器に酸素や栄養を行き渡らせる、大事な臓器である「血管」ですが、硬くなってしなやかさを失うと、心臓病や脳の病気など生活習慣病のリスクが上がるのです。私たちの老化や寿命は、全て血管に委ねられていると言っても過言ではありません.

そんな血管年齢を若く保つには、バランスの良い食事や適度な運動が大事! 逆に年齢を高くしてしまうのが、塩分のとりすぎや野菜不足、喫煙やストレスなどです。そういった生活は、過剰な活性酸素を発生させ、血管をどんどん錆びさせて硬くしてしまうのです。

ナスで若返り!

ナスの皮は美しい紫色をしていますね。これは自然な色素のアントシアニンであり、ナス特有のナスニンと呼ばれ、活性酸素を取り除くポリフェノールなんです。血管年齢を若くするだけでなく、炎症を抑えたり、脂質の吸収を抑えたり、血糖値を下げる効果も認められています。これらの驚異のパワーをたくさん秘めているポリフェノールがナスにはたっぷり!

なす
写真AC

油でコーティングする調理法で水溶性ポリフェノールを閉じ込められるので、是非柔らかくて美味しい「揚げ物」を試していただきたいと思います。高温で調理するほど、ポリフェノール量が上がるとも言われているんですよ!

また、アクを抜くためにナスを水につけることもあると思いますが、ポリフェノールは水溶性で流れ出てしまうので、水につける時間は短くしてくださいね。さらに、玄米粉をまぶすことで食物繊維やビタミンもアップさせるレシピです。

AUTHOR

陽子

陽子

獣医師であり栄養学講師。京都市在住。【ピアノスイーツジューンベリー京都】として体と地球に優しいヴィーガン&グルテンフリーお菓子・パン教室を発信。ピアノ指導も併設。植物性の材料のみで作るやさしいお菓子レッスンは、オンラインでもプライベートで丁寧なところが人気のヒミツ。3人子育てママでもあり、医師と協力して開発するお手軽レシピは【食べてきれい、健康になれる魔法のスイーツ】。京都ならではのお豆腐やおから、抹茶スイーツなどが得意。オートミールや発酵食品も取り入れ、家庭的な【総合栄養スイーツ】を次々と考案。衣食住にこだわりフェア、オーガニックでナチュラルな生活を実践している。お子様も気兼ねなくどうぞ。※ピアノスイーツジューンベリーはサスティナブルな教室として国連の掲げるSDGsに取り組んでいます。~簡単でおいしいレシピが知りたいと思ったら~公式LINE→https://lin.ee/wIP5cbT または@052buxlrで検索、mail:piano.sweets.juneberry@gmail.com

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

AC
なす
YOKO/ナスの玄米粉天ぷら
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する