【座るだけ】パンパンにむくんだ脚がスッキリ!たった30秒の簡単リセット術

Adobe Stock

【座るだけ】パンパンにむくんだ脚がスッキリ!たった30秒の簡単リセット術

脚のむくみって気になりますよね。そのままにしておくと下半身太りに繋がるとよく聞きますが、毎日マッサージをするのも大変です。いかにカンタンにスッキリできるかがポイント。その方法をご紹介します。

夏は露出が多い季節です。家を出たときと、ふと気づいたとき、脚の太さが全然違う!なんて経験、1度はあるのではないでしょうか。夏場はとくに冷房によって冷えやすいため、血流・リンパの流れが悪くなってしまうことでむくみやすくなります。またとっているつもりが足りていない水分が原因の可能性もあります。そして今のご時世、なかなか思うように外で運動をするといったことがしにくいでしょう。それによって筋力が低下してしまう、同じ姿勢が続いてしまう、座っている時間が長いといったことから、下半身がむくんでしまいます。多くのかたが脚のむくみを感じていると言えるでしょう。

むくみを解消するには

ポイントは血流・リンパの流れをよくしてあげることでしょう。寝る前に脚のマッサージなどをすることも大切ですが、なかなか続かないというかたもいるでしょう。毎日のむくみを、毎日解消することが大切。今回ご紹介する方法は、入浴中にできます。しかもただ座っているだけでOK!お風呂中に手持ち無沙汰になっちゃう、最近暑すぎて湯船につかっていないというかたも、この機会に湯船にお湯をためてみましょう。体の芯から温まり、夏特有の不調が軽減されるかもしれません。

むくみスッキリさせる方法とは?

動かすのは足首まわりのみです。湯船につかってリラックスしながらやってみてくださいね。

やり方

1.両脚を伸ばします。吐く息とともに、足先を前に伸ばし足の甲を伸ばします。(脚がつりやすいかたは加減してください)吸う息で足先を自分側に向け、かかとを前に押し出します。3回ほど繰り返しましょう。

1
1.両脚を伸ばします。吐く息とともに、足先を前に伸ばし足の甲を伸ばします。(脚がつりやすいかたは加減してください)
2
吸う息で足先を自分側に向け、かかとを前に押し出します。3回ほど繰り返しましょう。

2.両脚の幅を少しだけ広げ、足先で円を描くように足首を回します。ふだんなかなか足首をほぐす習慣がないと、動かしにくく感じるかもしれません。ゆっくりでいいので、丁寧に回してみましょう。

3.最後は少しだけ前屈をしてみましょう。お湯に顔がつかない程度でOKです。

4.余裕があるときは下半身全体をもんでみるのもいいです。

足先からポカポカするのを感じてみて

お風呂から出たときに、下半身がポカポカと温まっているか実感してみてください。毎日マッサージを続けることは大変ですが、湯船につかってならできそうな気がしませんか?湯船につかること自体もむくみ解消に適しています。どうしても時間がなくてシャワーのみの場合は、寝る前にベッドの上で行ってみてくださいね。

AUTHOR

NATSUMI KOGA

古賀奈津美

商社のサラリーマンをしていた頃に運動不足解消のために始めたヨガと出会う。ヨガを始めて半年後にRYT200を取得。週末のみ活動するインストラクターから、フリーランスのヨガインストラクターへと転身。常温ヨガ、ホットヨガ、溶岩ヨガなど様々なスタジオで指導。パークヨガやビーチヨガのイベントも実施。現在はオンラインヨガ・児童館にてママ向けヨガを実施中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

1
2
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する