【トラウマと依存症の関係】コロナ禍で依存症が急増?神経系を整えて安心感を引き出す「ヨガの力」とは

【トラウマと依存症の関係】コロナ禍で依存症が急増?神経系を整えて安心感を引き出す「ヨガの力」とは

今悩んでいても、あなたは一人ではありません。トラウマ・インフォームド(トラウマを熟知した)・ヨガは、神経系を整え、安心感を引き出すことができます。

ホーグ病院の急性期リハビリテーション・アディクション・リカバリーセンターで働くメンタルヘルスの専門家として、この18ヶ月間は私のキャリアの中で最も困難な時期でした。この間、依存症にまつわるトラウマや苦しみが驚くほど急増しているのを目の当たりにしてきました。

精神的な問題やトラウマを抱えていたり、薬物乱用やアルコール依存症、自殺願望や自殺行動などの絶望的な病気に苦しむ人たちが、パンデミックによって衰弱していく様子を目の当たりにしました。そして同時に私は、ヨガのプラクティスがどのように彼らを癒すことができるかを見てきました。

トラウマと依存症の関係

世界的な大流行により、多くの人々が新たなメンタルヘルスの問題を経験し、既に抱えている問題が悪化した人たちもいます。多くの人が薬物使用に依存しています。2020年には、アルコールの使用量が59%増加し、薬物の過剰摂取の件数も過去最高となりました。このような危険な行動の急増に伴い、メンタルヘルスや依存症のサポートを必要とする人も急激に増加しています。

ヨガセラピスト、臨床依存カウンセラー、リカバリーヨガネットワークの創設者であるアシュリー・フォックスさんは、「ほとんどの人は、“文句なしの人生”から抜け出すために薬物を使っているわけではありません。彼らが薬物を使うのは、自分の価値観と一致しない生き方をしているからです。苦しんでいるから使うのです」と述べています。

薬物使用障害を患う人の少なくとも75%は、何らかのトラウマを経験しているとフォックスさんは言います。それは、幼少期のトラウマ(ケガや虐待など)であったり、最近の出来事(パンデミックによる失業など)がきっかけであったりします。

トラウマは、ヨガやウェルネスの業界にも独特の形で現れます。トラウマ・インフォームド(トラウマを熟知した)・ヨガティーチャーであり、トラウマ・インフォームド・ヨガティーチャーを支援する非営利団体「The Practice Coalition(プラクティス・コーリション)」の創設者であるサンギータ・ヴァラバムさんは言います。「私たちは、性的虐待や操作、感情的・精神的な虐待などの事例を目撃してきました。、無給の労働力を利用し、それをセヴァと呼ぶ例もあります」と彼女は言います。

トラウマ・インフォームド・ヨガがもたらす効果

トラウマの種類に関わらず、その影響は同じです。トラウマは神経系を混乱させ、不安、うつ、心臓の問題、免疫機能障害など、多くの慢性的な健康問題を引き起こします。

トラウマ・インフォームド・ヨガは、安全感を引き出すための方法論です。その人が置かれている状況に応じて、安全に自分自身とつながるように誘導します。すべてが招待状です。強制されることはありません。トラウマ・インフォームド・ヨガティーチャーは、神経系を調整する技術の訓練を受けており、癒しをサポートし、回復力を高める練習を行うことができます。

トラウマ・インフォームド・ヨガクラスは、衝動性を抑え、自己認識を高めることで、薬物使用障害と闘う人々を助けることができるとフォックスさんは言います。ヨガが安全な感情をもたらす方法で教えられれば、癒しを促進し、トラウマを言葉で処理する認知行動療法(CBT)のような伝統的な療法を補完することができます。

By ANUSHA WIJEYAKUMAR
Translated by Hanae Yamaguchi

AUTHOR

ヨガジャーナルアメリカ版

ヨガジャーナルアメリカ版

全米で発行部数35万部を超える世界No.1のヨガ&ライフスタイル誌。「ヨガの歴史と伝統に敬意を払い、最新の科学的知識に基づいた上質な記事を提供する」という理念のもと、1975年にサンフランシスコで創刊。以来一貫してヨガによる心身の健康と幸せな生き方を提案し続けている。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する