筋トレしても痩せない人が根本から見直すべきポイントとは?【下半身太り改善ヨガ】

Adobe Stock

筋トレしても痩せない人が根本から見直すべきポイントとは?【下半身太り改善ヨガ】

磯沙緒里
磯沙緒里
2021-07-12

下半身太りが気になり、筋トレや食事制限をがんばっているけどいっこうに痩せないと感じている方は、下半身太りの根本的な原因を改善していないかもしれません。今回は、そんな下半身太りの2大原因と改善方法をお伝えします。

下半身太りの2大原因とは

下半身太りには様々な原因が考えられますが、下半身が痩せにくい方の多くに当てはまる原因があります。むくみや冷えなども下半身太りの原因に挙がることが多いですが、特に多いのが以下の2つです。

1.骨盤の歪み

骨盤の歪みを放置すると、姿勢の崩れや基礎代謝低下が生じやすくなり、冷えやむくみの原因にもなるため、ただでさえ痩せにくくなってしまいます。骨盤の歪みには様々なタイプがあり、タイプ別に体に表れる症状も変わってきます。タイプ別に代表的な症状をご紹介しましょう。

・開きタイプ…消化不良、下半身のむくみや冷え、お腹やお尻が大きくなる、O脚やX脚

開きタイプ

・前傾or後傾タイプ

前傾…太ももの前側がパンパンに張る、反り腰、出っぱったお尻など

後傾…ぽっこりお腹、垂れたお尻、猫背など

前傾後傾

・傾きタイプ…背骨の歪み、外反母趾など

傾きタイプ

・ねじれタイプ…肩こりや腰痛など

ねじれタイプ

いかがでしたでしょうか?ご自身の症状が当てはまるものはありましたか?さらに、2つ目の原因もご紹介しましょう。

2.股関節の硬さ

股関節は、股関節に関連する筋肉が凝り固まることや、加齢などが原因で硬くなってしまいます。デスクワークや長時間同じ姿勢でいることで固まりやすいといえます。それでは、股関節が硬いとどんな影響があるのでしょう?

・血流が滞り、老廃物が蓄積される

・足のむくみ

・冷え性

・基礎代謝の低下

・太ももの前側や外側が張ることにより太ももが太くなる

下半身太りの2大原因を改善しましょう

下半身太りの2大原因のうち、どちらか一方でも当てはまった場合はケアしていきましょう。以下の動画で簡単にできる骨盤調整と股関節ほぐしを行っています。運動不足の方でも行いやすい内容ですので、さっそく試してみましょう。日常的に続けていくことで次第に体が変わっていきますので、ご自身の体を無理なくケアしてあげてください。

 

撮影協力 BAYFLOW YOGA STUDIO

AUTHOR

磯沙緒里

磯沙緒里

ヨガインストラクター。幼少期よりバレエやマラソンに親しみ、体を使うことに関心を寄せる。学生時代にヨガに出合い、会社員生活のかたわら、国内外でさまざまなヨガを学び、本格的にその世界へと導かれてインストラクターに。現在は、スタイルに捉われずにヨガを楽しんでもらえるよう、様々なシチュエーチョンやオンラインでのレッスンも行う。雑誌やウェブなどのヨガコンテンツ監修のほか、大規模ヨガイベントプロデュースも手がける。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

開きタイプ
前傾後傾
傾きタイプ
ねじれタイプ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する