【5分で簡単2ポーズ】肩こり&姿勢改善!凝り固まった腕まわりもスッーと軽くなるヨガストレッチ

AdobeStock

【5分で簡単2ポーズ】肩こり&姿勢改善!凝り固まった腕まわりもスッーと軽くなるヨガストレッチ

長時間のスマートフォン操作やデスクワーク、読書、ゲームなどをしていると「(体が)疲れた・・・」と感じる事があると思います。肩こりや背中の張りの改善に、隙間時間でできる2つのポーズをご紹介します!

疲れる人と疲れない人の差は?

デスクワークや読書で長時間同じ姿勢で過ごしていると、肩こりや腕疲れを感じることがあると思います。同じ時間同じように過ごしていても疲れる人と疲れない人がいますが、その差は”姿勢”。骨盤が立ち、背筋が伸びた良い姿勢で過ごしていると疲れにくく、姿勢が悪いと疲れを感じやすくなります。姿勢が崩れる原因は何気ない動作かもしれません。下に当てはまるものがないか確認しましょう。

・長時間同じ姿勢で動かない

・ストレスが溜まっている

・背中を丸めて座る癖がある

・携帯電話や本を見る時に体が横や斜め下を向いている

・パソコン等の高さが合っていない、体の前にない

・横座りや体育座りで腰が丸くなる

姿勢
illust AC

姿勢を正して不調の予防に

床でも椅子でも、あるいは寝転んでいても、首が前に出たり体がねじれた姿勢になっていないか意識してみてください。また、こまめに立ち上がったり体を動かしたりすることは筋肉の緊張を取り除き、姿勢の改善や肩こり・むくみ予防等に繋がります。姿勢を正して呼吸がしやすくなると、それだけで気分転換にもなりますよ。

肩こり・姿勢改善ヨガ

5分でできるヨガポーズ2つで、腕を軽く姿勢を正しやすくしましょう。椅子に座ったまま背もたれや座面を使って応用もできます!痛すぎず心地よく呼吸ができる範囲で、なるべく深い呼吸を意識してください。1つのポーズは30秒を目安に行います。

●やり方とポイント

①右腕を上げ下げして肩の動きを確認します

②右腕を上げ、息を吐きながら体を左側に倒し右の体側を伸ばします。

③左手を背中側に、右手を左足に添えます。背中を伸ばして、息を吐きながら左にねじります。

④もう一度右腕を上げ下げして肩の動きや体側の伸び具合を確認します。

⑤左も同様に行います。

今、画面を見ている姿勢が頭が前に出たり背中が丸まっていないか、皆さんはいかがでしょうか。1日5分、慣れれば3分でできますので是非取り入れてください。

AUTHOR

小野田貴代

小野田貴代

ヨガインストラクター・ベビーマッサージセラピスト。学生時代にヨガに出会い、ヨガインストラクター養成講師を経て現在はオンラインを中心に活動。誰もが取り組みやすい、日常に活かすヨガを幅広く伝えている。CM等のメディア監修や健康コラム執筆、 FMラジオパーソナリティとしても活動。初心者から自分のペースで楽しめる「たかヨガ」もYouTubeで配信中。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

姿勢
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する