閉経前は食欲が増大する?閉経後は痩せにくい?【医師に聞く】更年期とダイエットの関係性

Adobe Stock

閉経前は食欲が増大する?閉経後は痩せにくい?【医師に聞く】更年期とダイエットの関係性

年齢を重ねるにつれて、ダイエットをしても体重がなかなか減らない。痩せにくい体になるってホントなのでしょうか。「生理とダイエットにまつわるウソ?ホント?」今回は、40代~50代。閉経や更年期前後のダイエットについて、産婦人科医の犬飼加奈先生にお話をお伺いしました。

40代の生理にはどんな変化が?

個人差もありますが、一般的には50歳前後で閉経を迎えられる方が多く、いわゆる更年期症状と呼ばれるもの、例えば、ほてりやイライラ、動悸がする、疲れやすくなるといった症状は閉経の前後約5年間で現れると言われています。40代半ばから、不調が出やすい時期になるということですね。

更年期
更年期症状と呼ばれるものの中には、ほてりやイライラ、動悸、疲れやすくなるといった症状がある。

閉経前になってくると、生理周期が乱れる方、月経が起こる間隔が短めになってくるという方が多くなります。1カ月に1回、周期が決まっていたのに1カ月に何回も生理が来るようになったり、出血量にばらつきがあったり。だんだんと生理の間隔が延びていって、閉経を迎えるというイメージです。

生理周期の乱れは閉経のサイン?

生理の周期が乱れてきたら、そろそろ閉経かもと準備をしておいたほうがいいかもしれません。ずっと出血が止まらない、周期が乱れていつ生理になるか分からないといった方もいらっしゃるかもしれません。その場合には、ピルとはまた違う方法でホルモンバランスを整える手段がありますので、一度、婦人科に相談していただけたらと思います。

閉経
生理周期が乱れてきたら、一度婦人科に相談を。

閉経後、何十年も元気に生きなくちゃいけない時代なのに、閉経前後に婦人科にかからない方って、すごく多いんです。体調不良や更年期症状を「閉経が近いから仕方ない」と諦めないでいただきたい。閉経前後の年齢からホルモン治療を始めると、将来的な生活習慣病や骨粗しょう症の予防にも繋がりますし、そのあとの長い人生、より健康に過ごせるはずですから。ぜひ一度、婦人科への相談をおすすめします。

更年期は食欲が増加する?

閉経後は女性ホルモンが低下することによって、食欲抑制効果のあるレプチンというホルモンが少なくなってきます。これによって、食欲を抑えようと思っても抑えられない。自制心がないわけでなく、このホルモンのせいで食べ過ぎてしまう状態になります。閉経前後、更年期の時期は食べ過ぎてしまう時期なんだと理解しておいたほうが気持ち的にも楽になるのではないでしょうか。

閉経後は痩せにくい?

閉経前後は食欲を抑制するホルモンが減少することで、どうしても体重が増えやすい時期です。このレプチンという食欲抑制ホルモンは閉経後、しばらく経つといったん減少が落ち着きますが、今度は活動性を高めるホルモンが出にくくなってきます。これが減少すると、活発に動けなくなってくるんですね。

食欲は落ち着いたのに、体重が減らないという方もいらっしゃると思いますが、それは消費エネルギーが落ちているから。閉経後にはホルモンバランスによって、そういう時期もあると思っておいたほうがいいかもしれません。

閉経後にダイエットはNG?

ダイエット自体がNGということはありません。ただ、閉経後は食欲を抑制したり、活動性を高めたりするホルモンが低下するので、痩せようと頑張っても成果が出にくい。ダイエットをするうえで、全般的に痩せにくい時期だということを理解しておくといいと思います。

自分が怠惰だから、怠けてるから痩せないんだと責めずに、穏やかな気持ちで向き合うこと。「なんで痩せないんだろう」とイライラして、更年期症状がひどくなる場合もあります。そこは「痩せにくいときだから、ゆっくりと成果が出たらいいな」くらいのゆるい気持ちで向き合っていただくのがおすすめです。

更年期
閉経後のダイエットに焦りは禁物!自分を責めず、痩せにくい時期であることを認識して、ゆるやかに進めていきましょう。

閉経後は運動しても痩せない?

閉経後は交感神経を活発にさせて、体重を調整するといったホルモンも出にくくなってきます。そもそも閉経後は活動エネルギーを高めるホルモンが減少することで、運動しようという欲もわかなくなってくる時期です。

とはいえ、健康のためには運動は必要ですし、成果に繋がりにくいだけで、決して痩せないわけではありませんから。無理をせず長く続けていただけるような運動を見つけてもらうことが、閉経後のダイエットのコツ。自分にあった運動やトレーニングを探してみてはいかがでしょうか。

教えてくれたのは…犬飼加奈先生

春木レディースクリニック 産婦人科専門医。藤田保健衛生大学(現:藤田医科大学)医学部卒業。医療法人豊田会刈谷豊田総合病院 産婦人科や社会医療法人阪南福祉医療センター阪南中央病院(産婦人科)などを経て、同院に。診療における対話を重視し、治療に伴う患者の心と体の負担を最大限減らせるよう常に心掛けている。

犬飼加奈
春木レディースクリニック 産婦人科専門医 犬飼加奈先生

 

Text by Mitsue Yoshida
Photos by Adobe Stock

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部

ヨガジャーナルオンライン編集部

ストレスフルな現代人に「ヨガ的な解決」を提案するライフスタイル&ニュースメディア。"心地よい"自己や他者、社会とつながることをヨガの本質と捉え、自分らしさを見つけるための心身メンテナンスなどウェルビーイングを実現するための情報を発信。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

更年期
閉経
更年期
犬飼加奈