物価高とゴミ問題…美しい島ハワイの"負"に向き合うRe-use Hawai'iの取り組みとは

物価高とゴミ問題…美しい島ハワイの"負"に向き合うRe-use Hawai'iの取り組みとは

寺岡早織
寺岡早織
2021-06-03

ハワイは全米でもトップクラスに入る物価高の州。その大きな理由は資源を他の州や国からの輸送に頼っているため。その資源がもしハワイの中で再利用できたら、ゴミ問題も資源の価格高騰の問題も両方が改善できます。そのミッションに向けて立ち上がった非営利団体Re-use Hawai'iの取り組みをご紹介します。

ハワイは地球上の多くの人が憧れる美しい島ではありますが、資源不足や物価の高騰という問題を抱えています。ハワイ州は太平洋のど真ん中にあり州内では必要な物資が調達できないため、たくさんの物資を米国本土や他の国からの輸送に頼っています。そのため輸送費が上乗せされてしまい、その結果モノの値段が跳ね上がります。ハワイは全米でNY、サンフランシスコに次ぐ物価の高い街として知られています。

それに加えてハワイはゴミ問題も同時に抱えています。必要な資源が他の土地から送られてきて使用され、不要になったら廃棄される現状。もしこれらの資源がうまく再利用ができたなら、物価高騰とゴミ問題の二つの問題を同時に解決させることができます。

コミュニティのゴミ問題に取り組む Re-use Hawai'i

Re-use Hawai'iは2006年にオアフ島の廃棄物問題の解決のために創設された非営利団体。オアフ島から出る廃棄物の実に3分の1が建築物の取り壊し作業から出ていますが、Re-use Hawai'iは廃棄物の量の削減と再利用を促しています。

 

AUTHOR

寺岡早織

寺岡早織

2003年からヨガを始め、その後ピラティスを始める。2010年BASIピラティスインストラクター資格(マット、マシン)を取得し、ピラティス指導を開始。結婚を機に2013年ハワイに移住し、その後もピラティス指導を続ける。2015年よりハワイでの日本人向けRYT200の解剖学講師を務める。2018年よりヨガ・ピラティスインストラクターに特化したプロフィール写真のカメラマンとしても活動を開始。趣味は絵を描くこと。 Instagram (ピラティスアカウント):@saori_pilates、Instagram(ハワイ写真アカウント):@saori_hi_photography

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Re-use Hawaii
Re
Re-use Hawaii
Re-use Hawaii
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する