黙る、サボるetc.遠回しに困らせてくる友人や同僚、どうすべき?【受動的攻撃性】 4つの対処法

Adobe Stock / canva

黙る、サボるetc.遠回しに困らせてくる友人や同僚、どうすべき?【受動的攻撃性】 4つの対処法

石上友梨
石上友梨
2021-03-22

受動的攻撃性という言葉を聞いたことがありますか?

受動的攻撃性とは、怒りを直接的ではなく、遠回しに表現して相手を困らせるような性質のことです。例えば、怒りを「黙ること」「サボること」「抑うつを示すこと」など、消極的、否定的な態度で表現することで、相手を攻撃します。意識的な場合もあれば、無意識的にやっている場合もあるでしょう。このような怒りの感情を隠しながら表現することを受動的攻撃性と言います。

受動的攻撃性は、決して特別なことではありません。例えば、子どもが親に叱られて何も答えずに黙ったり、親を無視したりすること、宿題をやらずにいること、どんよりと落ち込んだり無気力でいることなど、イメージしやすいかと思います。問題となるのは、大人になっても受動的攻撃性の高い行動しか取れない場合です。友人があなたに何か不満を感じた時に、何が不満だったのか、何をして欲しいのか、何も言わずに黙っていたら対処しようがないでしょう。また、同僚があなたに不満を感じた後、ずっと無視されていては関係が悪化しやすいですし、職場の雰囲気が悪くなってしまいます。不満があった時、怒りを感じた時は、その場にあった適切な表現があります。現在困っていること、ズレを感じたことを上手に伝えることで、対人関係や仕事が円滑に進むでしょう。それが出来ずに、受動的攻撃性の高い行動しか取れない場合は注意が必要です。

もしかしたら、相手は受動的攻撃行動を取ることで、あなたやその場の空気をコントロールしようとしているのかもしれません。大きい声を出す、相手の悪口を言うなど、怒りを直接的に表現した場合、表現した側の印象が下がる恐れがあります。しかし、受動的攻撃行動の場合は、事情を知らない人からすると黙ったり落ち込んだりしている方が弱者のように見えてしまうかもしれません。そうすると、受動的攻撃を受けた側の印象が下がってしまう恐れがあるのです。

それでは、友人や同僚が受動的攻撃性が高かった場合の対処法をお伝えします。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

AUTHOR

石上友梨

石上友梨

臨床心理士/公認心理師 大学・大学院と心理学を学び、警視庁に入庁。職員のメンタルヘルス管理や、心理カウンセリング、スポーツ選手へのメンタルトレーニングなどを経験。ヨガや瞑想を本場で学ぶためインド・ネパールへ。全米ヨガアライアンス200取得。現在は認知行動療法をベースとした心理カウンセリング、セミナー講師、ライター、ヨガインストラクターなど、活動の幅を広げている。また、発達障害を支援する活動にも力を入れている。https://cbt-yoga.com

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

怒りに反応しない
きく
受動的攻撃生
受動的攻撃生
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する