「心の疲労」レベルをチェックしよう|いつも疲れているあなたへ|幸せホルモンを高める効果的な方法

Adobe Stock

「心の疲労」レベルをチェックしよう|いつも疲れているあなたへ|幸せホルモンを高める効果的な方法

君嶋瑠里
君嶋瑠里
2021-03-07

あなたは、いつもどこか疲れていたり、目の前の仕事にやる気が起きなかったり、怒りや不安に駆られる日々を過ごしていたりはしていませんか?もしかしたら、ストレスが慢性化し、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが不足してしまったせいかもしれません。今回は、別名「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンを高める方法について紹介します。

慢性的なストレスによって疲弊していく心

感染症の脅威がまだまだ懸念される今の時期。多くの人が様々なストレスと闘っているのではないでしょうか。継続してストレスを感じているという状況は、自分自身の心と体の健康のためには決して良いとはいえません。日本人は特に頑張り過ぎたり、我慢し続けてしまう傾向があるため、自分自身に大きなストレスがかかっていたとしてもそれをケアせず放置してしまう人も多いです。ですが無理が続けば私たちの心や体はたちまち疲弊していき、日常生活の様々な場面で影響を及ぼしてしまいます。

心の疲労はどれくらい?チェックしてみよう

・少しの行動だけですぐに疲れる
・休日は寝ていたい
・目の前の仕事にやる気が出ない
・睡眠不足になりがち
・頭の中にいつも不安がこみ上げる
・イライラしやすい

これらの項目に1つでも当てはまる人は、もしかしたら心が疲れきっている可能性が高いです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

AUTHOR

君嶋瑠里

君嶋瑠里

2017年、会社員の仕事で心身共に疲弊していた頃、インストラクターの友人の紹介がきっかけで知った綿本彰氏のスタジオを訪れ、師事する。パワーヨガ、ラージャヨガ、その他様々な瞑想法を学び、2018年、同氏の指導者養成講座を修了し、ヨガインストラクターに。日常に活かせるヨガをテーマに実践中。2018年、日本ヨーガ瞑想協会講師登録/2019年、全米ヨガアライアンスRYT200取得

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する