40歳を過ぎると太りやすいのはなぜ?太らない体になるために知っておきたい4つのこと

Adobe Stock

40歳を過ぎると太りやすいのはなぜ?太らない体になるために知っておきたい4つのこと

須藤玲子
須藤玲子
2020-11-27

40代は体や心に変化を感じやすい、いわゆるターニングポイントの時期。20代や30代の頃は痩せていたのに、40歳を過ぎたら太ってきた…。ダイエットしても全然痩せない!など、生活に大きな変化がない人でも、そう実感する人は少なくありません。年齢を重ねても太りにくい体をキープするために、知っておきたいこととはどんなことでしょうか?今40代の人だけでなく、これから40代を迎える人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

太りやすく痩せにくくなる原因

太るのも痩せるのも、必ず何かしらの原因があるはずです。40歳を過ぎてから変わったことが、体形の変化に繋がっているのかもしれません。

1.基礎代謝の低下

基礎代謝とは、生きるための活動エネルギーのことで、例えば、内臓を動かしたり脳を働かせたり、呼吸を続けることなどにも使われています。特別な事をしなくても消費されているため、基礎代謝を高く保つことは、太りにくく痩せやすい体を作るためのポイントになっています。ところが、基礎代謝は加齢とともに徐々に下降し、40代から50代にかけて大きく下がると言われています。そのため、急に体重が増え始めるなど、目に見える変化が現れるのです。太りにくく痩せやすい体でいるためには、基礎代謝をできるだけ下げないようにすることが重要です。

2.筋肉量の減少

基礎代謝と同様に、筋肉量もまた加齢と共に減っていきます。そのため、以前のようにアクティブに動くことがキツく感じ、疲れやすくなり、体を動かす機会が減ることも…。結果、摂取カロリー過多で太りやすくなるのです。筋力量を減らさないように、ヨガやウォーキングなど、無理なくできることからのスタートして、徐々に筋力を高める運動を取り入れるといいでしょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する