体が柔らかいから出来ると思っていたのに…バレエ歴20年の私がヨガで苦戦したこと

Adobe Stock

体が柔らかいから出来ると思っていたのに…バレエ歴20年の私がヨガで苦戦したこと

クラシックバレエを長年踊っていた私は「ポーズをとるのはバレエで慣れているし、体が柔らかければきっと大丈夫でしょ!」という気持ちでヨガを始めました。ところが…。

「クラシックバレエをやっていた人は体が柔らかくていいなぁ…」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。けれど実は、クラシックバレエをやっていたからこそ、苦手なポーズや動きもあるのです!一体どんなことが苦手なのか、今回はクラシックバレエ歴20年のライター自身の体験談をお話ししていきます。

つま先が外を向いてしまう!まっすぐ立つのに一苦労

クラシックバレエの基本は、腿のつけ根にある股関節から外回し(外旋)にすること。この動きを体に叩き込む為に練習を繰り返すので、普段立つ時もつま先が外を向く状態に。もう外股がナチュラルな感覚になっているのです。

いざヨガをやってみると、バレエのポーズに似ているけどやり方が違う…というヨガポーズがありました。例えば『木のポーズ』。バレエでも片膝を曲げて持ち上げる"ルティレ"という片足バランスのポーズがありますが、バレエの場合は両脚とも外股。一歩ヨガでは、持ち上げている脚は外股ですが軸脚はストレート。これがものすごく落ち着かないんです!バランスも取りにくくて、慣れるまでにかなり時間がかかりました。

「膝を押し込まないで!」と言われてしまう

ヨガを始めたばかりの頃、「膝を押し込まないように」とか「膝をロックしないで!」と、膝の使い方について繰り返し指導がありました。でも正直、最初は「なぜこんなに膝について言われるんだろう?」とハテナがいっぱいでした。なぜならバレエでは脚のラインを綺麗に見せる為に、少ししなるくらい膝が伸びているのがよいとされていたからです。

けれどヨガを学ぶうちに、「見た目だけでなく、安全な体の使い方や体の内側の働きも大切なんだ」と気付き、膝の使い方への意識も変わりました。どちらがよい・悪いという訳ではなく、それぞれの目的に合わせた体の使い方が大切ですね。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

体が柔らかいから出来ると思っていたのに…バレエ歴20年の私がヨガで苦戦したこと
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する