腹筋に効くポーズのあとに行いたいクールダウンアーサナ3つ

PIXTA

腹筋に効く「鍛える系ポーズ」のあとに行いたいクールダウンアーサナ3つ

「美しいお腹を作るには、お腹の前面、背面、側面、そして深層部のインナーマッスルをまんべんなく強化することが大事」と話すのは、ヨガインストラクターの芥川舞子先生。そのために大事なのは「ほぐす→鍛える→動かす→クールダウンする」ヨガメソッド。舟のポーズや横向きの板のポーズなど、腹筋にダイレクトに働くポーズや太陽礼拝を行ったら、ぜひ行いたいクールダウンアーサナをご紹介。

1.使ったお腹を気持ちよく伸ばす「橋のポーズ」

舟のポーズや横向きの板のポーズ太陽礼拝で使ったお腹を、伸ばして休めます。つま先と膝を真っすぐ前に向けるのがポイント。

HOW TO

クールダウンアーサナ3つ
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

仰向けになり両膝を立てる。膝の真下にかかとをおき、息を吸いながらアーチを描くようにお腹を引き上げる。肩甲骨を寄せ、背中の後ろで両手を組み5呼吸キープ。

これもOK

クールダウンアーサナ3つ
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

お腹をアーチ状に引き上げるのが難しい場合は、肩から膝までを真っすぐにキープ。両手は床につけたまま肩甲骨を寄せて。

 

2.手の力を利用してやさしくねじる「賢者マリーチのポーズⅢ」

上半身をねじり、ヒートアップしたお腹と背中の筋肉を整えます。背筋を伸ばすことで、ねじり効果UP!

HOW TO

クールダウンアーサナ3つ
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

両脚を伸ばして座り、左膝を曲げかかとを体に近づける。右手で膝を抱え、左手は左後方の床につく。息を吐きながら上半身を左にねじり、目線を左後方に向けて5呼吸キープ。反対側も。

3.重力にまかせて全身脱力「亡骸のポーズ」

ヨガのシークエンスの最後に行うことが多い亡骸のポーズ

HOW TO

クールダウンアーサナ3つ
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

両手両脚はやや開き、全身の力を抜いて5分間リラックス。しっかり動いた後の全身の状態をただ感じましょう。なるべく頭は空っぽにして。

 

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya (FIX-UP)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal Beginners Vol.1掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

クールダウンアーサナ3つ
クールダウンアーサナ3つ
クールダウンアーサナ3つ
クールダウンアーサナ3つ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する