ローフードダイエットの落とし穴|向いている人と向いていない人は何が違う?

photo by Jorge Atramiz (http://www.jorgeatramiz.com/, @jorgeatramiz)

ローフードダイエットの落とし穴|向いている人と向いていない人は何が違う?

何千人もの健康を取り戻し、依存症や摂食障害、自律神経失調症をはじめとする数々の問題を克服するのを支えてきたマイラ・リューイン氏。強さと健康を維持するために心がけるべきことについて教えてくれました。

庭で収穫した採れたての野菜で食事の準備をするのは、とても幸せな気分です。また、ファーマーズマーケットに行って、食物を栽培している人たちにと出会うこともできます。できるだけ自然に近い状態で食べることは、食べ物から最もプラーナ、つまり生命力を受け取る理想的な方法ですが、生命力と栄養素は、体が実際に食べ物を消化できる場合にのみ享受できます。 

人気の「ローフードダイエット」現代人には向いていない?

最近ではローフードダイエット(raw=生の状態の食物を摂ることで痩せるというダイエット法)の人気が高まり、できるだけ手を加えず素材をそのまま活かす調理によって、栄養素を多く保持するという考えには刺激を受けましたが、この人気のトレンドには重要なポイント、つまり栄養素を消化する能力が不足しています。

アーユルヴェーダでは、口から入った食べ物をよく噛むことで唾液酵素が生成され、消化のプロセスが開始されると理解しています。しかし、料理に軽く火を通すことで、実際にプラーナが目覚め食べ物の消化を開始します。実は、私たち人間が食べ物を調理するようになった理由は、消化しやすくするためでした。健康な身体と心を維持するために、調理は栄養素の摂取を可能にする重要な部分です。

非常に強いアグニ(消化力が高い)の人は、ローフードを食べても問題なく消化できることに気づくかもしれません。しかし、私たちの大多数にとって、ローフードを食べて消化する力はそこまで強くありません。私たちの体が食べたものを消化できないと、未消化物は腸で発酵して代謝毒素(アーマ)を生み出します。これはアグニを弱め、真の健康を維持することを困難にします。

Translated by Nami Matsuo

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アーユルヴェーダ
ローフードダイエットの落とし穴|向いている人と向いていない人は何が違う?
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する