アーユルヴェーダの簡単朝ごはんレシピ「そばの実と玄米のお粥」

by Jorge Atramiz (http://www.jorgeatramiz.com/, @jorgeatramiz)

アーユルヴェーダの簡単朝ごはんレシピ「そばの実と玄米のお粥」

何千人もの健康を取り戻し、依存症や摂食障害、自律神経失調症をはじめとする数々の問題を克服するのを支えてきたマイラ・リューイン氏。強さと健康を維持するために心がけるべきことについて教えてくれました。

穏やかな気持ちで1日のスタートを切って、その日1日を心地良く過ごすためにも、朝食は大切です。
最近では、特定の食べ物が体に良くないとか、太る原因になると思わせるような多くの流行があります。あるいは、消化が悪いときには、軽いものだけを食べるべきだと考えがちです。アーユルヴェーダでは、バランスの取れた食べ物が、私たちが最高の気分でいられる秘訣だと考えられていて、全粒の穀物はそれに欠かせない食材です。
穀物は、アーユルヴェーダではオーグメンティングの食べ物として、私たちに栄養や滋養をもたらし活力を高めてくれます。また、注意散漫になったり、ぼーっとしている時、不安や恐れを感じる時にも最適です。しっかりとグラウディングできて、安定感と満足感をもたらしてくれるそばの実と玄米のお粥レシピは、あなたの1日を、エネルギーに満ち溢れ、頭がスッキリした状態で活動を始めるのに役立つでしょう。
そばの実と玄米は、調和とバランスをもたらしてくれるサットヴァの性質で、スパイスを加えることで消化の働きを助け、さらに美味しさがグンとアップします。また、お粥に入っているギーが、心に潤いと落ち着きを与えてくれるでしょう。食べる時には、十分によく噛んで食べることだけに集中します。食べ始める時と食べ終わった時には、食べ物と自然への繋がりに感謝しましょう。忙しい朝の時間が、トロッとした食感と優しい味のおかゆで、ほっこりと楽しいひと時になるはずです!あなたの1日の始まりを、幸せな気分にさせてくれるアーユルヴェーダの簡単に作れるヘルシーな朝食からスタートさせましょう。 

そばの実と玄米のお粥

材料(4人分):

  • ギー 大さじ2
  • ミネラルソルト 小さじ1/4
  • 生姜の擦りおろし 小さじ1/4
  • ターメリック 小さじ1/4
  • 刻んだカシューナッツ 小さじ1/4
  • そばの実 1/2カップ
  • 玄米 1/2カップ
  • 水 4カップ (お好みに合わせて水分量は調節)

*アメリカの1カップは240ml

作り方:

  1. ギー、塩、生姜、カシューナッツを鍋に入れて香りが立つまで熱したら、ターメリックを加えて混ぜ合わせる。
  2. そばの実と玄米を入れてかき混ぜてから、1、2分程火にかけます。水を入れ、蓋をして沸騰させたら、中火から弱火にして、45分程煮込みます。圧力鍋を使用する場合は、15分程煮込みます。
  3. 出来上がったらかき混ぜて、お皿に盛り付ける前に、3〜5分そのまま置いて粗熱を取ってからいただきます。

ライター/マイラ・リューイン
アーユルヴェーダとヨガを30年以上学び実践する。何千人ものクライアントが本来の自然なバランスのとれた健康を取り戻し、依存症や摂食障害、自律神経失調症をはじめとする数々の問題を克服するのを支えてきた。ニュージーランドを拠点とするHale Pule アーユルヴェーダ & ヨガの創設者・代表として、この2つの変容の科学を学び癒しを得るための幅広い機会を提供する。その内容は、アーユルヴェーダ・ヘルス・コンサルテーションからヨガ・アーユルヴェーダ指導者養成コースにいたるまで多岐にわたる。栄養学とアーユルヴェーダの2方面からコンディションづくりをサポートする食事と、ヨガのクラスが愉しめる今最も注目のコンセプトショップ「THE_B」にて、アーユルヴェーダメニューを監修。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する