和食はサステナブルフード!「食べる」で目指す持続可能な未来

Photo by Louis Hansel @shotsoflouis on Unsplash

和食はサステナブルフード!「食べる」で目指す持続可能な未来

最近よく耳にする言葉「サステナビリティー」。日本そして世界が抱える環境問題や社会問題を解決し持続可能な未来を目指していくことです。それだけ聞くと難しそうに感じますが、普段の暮らしの中で実践できることがたくさんあります。中でも日本人の私たちが実践しやすいのが「和食(日本食)」を食べるというとてもシンプルな方法です。

ユネスコ無形文化財「日本食」

Japanesefood
Photo by Dilara Yilmaz on Unsplash

2013年にユネスコ無形文化財に選ばた日本が誇る伝統的な和食。実は世界でも注目されている「サステナブルフード」なんです。それは和食の特徴を改めて考えてみると理解できることでしょう。

和食の特徴と魅力

多様で新鮮な食材

海や山などに囲まれた島国である日本。北海道から沖縄までと南北に伸びた地形は、新鮮な魚、貝、海藻類など海産物、野菜、果物、きのこ類など山のもまで多様な種類の新鮮な食材を取り入れることを可能にしてくれます。

素材の味を生かした使用方法

土地や地形を活かして生産された日本で採れる多くの食材は”自然のまま”が美味しく、素材の味を生かした調理方法を取り入れているのが魅力の一つです。また「旨味」を使うことによって動物性油脂のを押さえた食生活を実現していることは、日本人の長寿や肥満防止の秘訣とも言われます。海外では旨味は「UMAMI」と訳され、英語として定着しているほどなんですよ。

栄養バランスの良さ

「一汁三菜」を基本としている食事スタイルは栄養バランスの良さも高く評価されています。主食、主菜、副菜、汁物で、1食で五大栄養素が補うことができます。

四季に合った食材を楽しめる

春夏秋冬と四季がある日本。食材の旬を活かした料理があることは日本に住んで、和食を楽しむ醍醐味の一つでしょう。旬の食材は美味しいだけでなく、季節を感じたり、またその季節に必要な栄養素が摂取できるなどのメリットも。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Japanesefood
veges
meal
healthy
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する