ネガティブに考えるクセを直すには【ヤスシのヨガ的お悩み相談室】

Getty Images

ネガティブに考えるクセを直すには【ヤスシのヨガ的お悩み相談室】

30年以上ニューヨークに暮らした経験からグローバルな見識を持ち、スタジオ・ヨギ―でエグゼクティブディレクターとして活躍する人気講師ヤスシ先生が、ヨガジャーナル編集部に寄せられた読者のヨガ的お悩みにアドバイスします。今回は、ついネガティブに考えてしまうクセについて。

Q:ネガティブ思考の癖が抜けません。どうやったらポジティブシンキングの習慣がつきますか。

A:気持ちを切り替える具体的な手段を知っておこう

僕がニューヨークで学んだことのひとつに、ポジティブなエネルギーの重要さがあります。若い頃、同じ辛い状況にあるにもかかわらずポジティブ思考の友人たちに驚いたことがありました。その頃の僕は状況を嘆くほうが遥かに簡単だと思っていたのです。人生には自ら求めていない状況も訪れますが、それにどう対応するかは別のエネルギーを要します。哲学の師から学び、心に残った言葉があります。「痛みは起こる。しかし苦しむか否かは自分にかかっている」。早い段階で次の一歩をどう踏み出すかが大切です。

またマインドは身体的なコンディションに影響されることがあります。休息を取りマインドにも余裕があれば、ネガティブ思考の力を抑制できます。

癖のひとつとして自身の存在価値が見いだせず暗闇に入ることもあります。そんなとき、僕はひとつのメソッドを持っています。それは感謝できるものを思い出すこと。人間どんな状況でも感謝できることは必ずあるはずだと思うのです。この切り替えで別のエネルギーが芽生え、気持ちも上向きになります。

脳科学によると、脳が退屈することがネガティブさの元となるそうです。ネガティブ思考から得るものが無いとわかっているのなら、健康状態を保つことと感謝の気持ちを覚えていることでその罠から逃れましょう。さらに何かにチャレンジすることで脳に刺激を与えましょう。僕はこれで生きています。

ポジティブ ネガティブ
Photo by VIKTOR FORGACS on Unsplash

教えてくれたのは...ヤスシ先生
スタジオ・ヨギーのエグゼクティブ・ディレクター。30年以上暮らしたニューヨークを離れ、2017年帰国。日本各地で後進の育成に努める。

text by Yasushi
yoga Journal日本版Vol.54掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ポジティブ ネガティブ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する