無気力は自律神経が原因?血流を上げて熱・やる気を高めるヨガポーズ

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

無気力は自律神経が原因?血流を上げて熱・やる気を高めるヨガポーズ

東洋医学によると、だるさや気分の落ち込み、心身の調子がダウンするのは「気滞」といって気(エネルギー)の流れが停滞したときや「熱」が下がったとき。気滞を流し熱を生むには、パワフルなポーズやねじり&解放で巡りをアップすると症状が改善します。ヨガインストラクター・鍼灸師の佐久間涼子先生に、3つの呼吸法を教えてもらいました。

熱量不足で無気力に…血流を高めて熱・やる気を高めるヨガポーズ

動く気になれない、やる気が出ないときは、副交感神経が優位になりすぎて、活動するための熱が足りない状態。心肺機能に負荷をかけ、血流や気の循環を良くすると熱が高まりやる気もUP。1ポーズではなく脚をパワフルに使う立位のフロー×つま先立ちで、大きな筋肉が集まる脚と体幹をしっかり使うと体の芯から熱が生まれます。

やり方

1.両足を揃えて立ち、内腿に力を込めて重心が外側に逃げないように意識。

無気力の原因は自律神経?血流を上げて熱・やる気を高めるヨガポーズ
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.吸いながら両手を上へ伸ばし、つま先立ちに。親指の拇指球に重心をおき、お尻の穴も締めて、ここで3呼吸キープ。

無気力の原因は自律神経?血流を上げて熱・やる気を高めるヨガポーズ
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

3.吐きながらかかとを下ろし、そのまま前屈して上半身を脱力。吸いながら上体を起こし、最初の姿勢にに戻る。このフローを5回繰り返す。

無気力の原因は自律神経?血流を上げて熱・やる気を高めるヨガポーズ
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは…佐久間涼子先生
ヨガインストラクター・鍼灸師。ヨガ指導歴15年。近年は鍼灸師としてファンクショナルに心と身体へ作用するヨガを提供。『THE BASIC』という「ヨガの基礎と基本」のヨガプログラムを主宰し、都内で毎月定期的に開催中。

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&Make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
edit&text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.67掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

無気力の原因は自律神経?血流を上げて熱・やる気を高めるヨガポーズ
無気力の原因は自律神経?血流を上げて熱・やる気を高めるヨガポーズ
無気力の原因は自律神経?血流を上げて熱・やる気を高めるヨガポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する