来年こそは…!3日坊主にならないためのたった2つのポイント

Getty Images

来年こそは…!3日坊主にならないためのたった2つのポイント

2019年も気付けば残りわずか。仕事や家事に追われる中で、今年1年がどんな年だったか、来年はどんな1年にしたいかなど何となく考える時間も増えているのではないでしょうか。年が変わると前の年に出来なかった、新しい事にチャレンジしてみようとモチベーションが高まるもの。そのモチベーションが途中で下がって3日坊主にならない様に、2つのポイントをご紹介します。

3日坊主になってしまう理由って?

誰しもなりたくて3日坊主になってしまう訳ではありません。しかし3日坊主になりやすい人となりにくい人がいるのも事実です。なりやすい人の傾向として、以下の2つが挙げられます。

1.目標を決めずに始めてしまう
2.流行に敏感で新しいものに手を出しがち

それぞれどういった点に意識をすれば脱3日坊主になるのでしょうか?

目標を決めずに始めてしまうタイプは

「新年だから何かしなきゃ!去年は出来なかったから今年こそは!」と1月中に積極的に新しい事を始めるのはとても良い事です。ここで大切なのは具体的な目標・ゴールを決めてからスタートすること。私たちは褒められたり、達成感を味わう事で更に頑張ろうと思えます。そう思う為にはゴールが必要です。しかし新しい事を始める事ばかりに気を取られていたり、始めた事自体に満足してしまいゴールや目標を決めていなかった…という人は多いものです。どんな目標でも構いません。出来れば手帳や紙に書いて部屋に貼って、時折目標を確認出来るようにしておく事をオススメします。またこの目標やゴールは進捗度を知る為にも、数字で明確に分かるものがより良いでしょう。ヨガを始めて体重を〇キロにする、筋肉量を〇キロにする、週〇回通うなどシンプルな数字の目標が良いです。

この様に数字で目標を決める事によって、ライフスタイル全体に変化が生まれていきます。太らない様にこのお菓子はガマンしよう、今週はまだレッスンに行けていないから仕事を早めに切り上げて明日の朝やろうと意識が変化していきます。こうなってくると3日坊主にもなりにくくなっていくでしょう。1人で目標を決め手帳や家に貼ってもなかなか継続出来ない場合には、周りの人に宣言する方法もオススメです。今はSNSを通して毎日の食事を報告してダイエットをする手法もあります。この様に宣言したからにはやらなくてはと自分にプレッシャーをかけるのも良いでしょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する