姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法

Shoko Matsuhashi

姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法

初心者がおちいりやすい「やりがちポーズ」。知らずに続けていると、上達のさまたげになるだけでなく、ケガの原因になってしまうことも。そうならないために、NGポイントを徹底研究して効果的な動きを身につけましょう。今回はパールシュヴァコーナーサナ(体側を伸ばすポーズ)についてです。

パールシュヴァコーナーサナ(体側を伸ばすポーズ)

このポーズでは、前の脚と手に体重をあずけてしまうというNGが起こりがち。これでは、かえって姿勢保持が難しくなってしまいます。修正ポイントは、後ろ脚と体幹。ここをしっかり使って体を支持しましょう。

正しいパールシュヴァコーナーサナ

姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法
photo by Shoko Matsuhashi

間違ったパールシュヴァコーナーサナ
前足にのって寄りかかっている、腰が下がる。

姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法
photo by Shoko Matsuhashi

愛甲:腰が落ちてきてしまうんですが、どうすれば高い位置で保てますか? 体重を支えている手と脚もつらいです。
中村:曲げている脚と手に寄りかかろうとするから腰が落ちてしまうんです。曲げている脚の腿に、お腹がつかないようにしてみて。
愛甲:腿とお腹を離すのですね。それでも、上半身の重さを支えているのはきついです。どこに力を入れたらいいですか?
中村:後ろの脚の内腿が下がらないように、しっかり持ち上げて。さらに、足で床をしっかり押すこと。姿勢が安定してきたでしょう?

姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法
photo by Shoko Matsuhashi

腰が下がってしまう時の改善法

伸ばしている後ろ脚がポイント。この脚の内腿が下がると腰が落ちてきてしまうので、内腿を高い位置に保つこと。さらに、足裏全体で床を押すことで、安定感が増します。

やり方

1.まずは、伸ばしている脚の内腿に力を入れて、高い位置で保つ練習から。ここがしっかり使えるようになれば、脚で支える力が強化され、腰が下がらなくなる。

姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法
photo by Shoko Matsuhashi

2.足裏全体で床を押すことで、後ろ脚の安定性と強さが増し、腰を高く保てるようになる。土踏まずはしっかり持ち上げ、足の外側が床につくまで強く床を押すこと。

姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法
photo by Shoko Matsuhashi

土踏まずがつぶれてしまうのはNG
土踏まずがつぶれてしまうのは、足の内側だけに体重がのっている証拠。これでは体を支えられない。

姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法
photo by Shoko Matsuhashi

photos by Shoko Matsuhashi
hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.52掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法
姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法
姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法
姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法
姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法
姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法
姿勢保持ができない…体側を伸ばすポーズで安定感を高める方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する