ホルモンを整え女性らしさをアップ|ヨガと植物療法で「女性悩み」をケア♡

Getty Images

ホルモンを整え女性らしさをアップ|ヨガと植物療法で「女性悩み」をケア♡

産後ママのためのメンテナンスヨガなど、女性のためのメソッドを教えるヨガ講師・仁平美香さんと、フィトテラピスト・南上夕佳さんによる、「女性の体の不調を和らげる」がテーマの連載。今回は女性性開花のためのメソッドをご紹介します。

美と健康を支える女性ホルモンを腹式呼吸で整える

妊娠可能ないわゆる生殖期間は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスが良い状態が美と健康の秘訣と言えます。女性ホルモンが減少する閉経後は、ホルモンの働きに頼らず美しく健やかであり続ける必要があり、これまで以上にマッサージや運動が欠かせません。閉経後の更年期の特徴として、血管は硬くなり、毛細血管の血流が悪化して肌のハリや艶にも影響が及びます。こうした更年期症状の緩和には、じんわり汗ばむ程度の運動で血流を促すのがおすすめ。更年期だからといって、女性らしさを諦める必要はありません。若い頃からPMSなどの揺らぎと向き合い調整する術を身に付けると、いずれ訪れる更年期の波をしなやかに乗りこなせるもの。それができてこそエレガントで女性性の高い人だと思います。

今回ご紹介するのは、ホルモンバランスと密接な関係にある自律神経を整える腹式呼吸。忙しい人や睡眠のリズムが崩れやすい方などにもおすすめです。(仁平美香さん)

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

女性性開花
女性性開花
ホルモンを整え女性らしさをアップ|ヨガと植物療法で「女性悩み」をケア♡
ホルモンを整え女性らしさをアップ|ヨガと植物療法で「女性悩み」をケア♡
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する